デブスと付き合って分かった4つのこと

201508221
矢口
デブスと付き合う「メリット」についてご紹介します

 

こんにちは、矢口です。

今回は、私が初めて付き合った女性のお話をしたいと思います。

私が初めて付き合った彼女は、世間一般でいう、

「デブス」

でした。

デブスとは、デブでブスな女性を指す言葉です。

美しさが圧倒的な価値となるはずの女の世界で、ブスな時点でハンデを負っているというのに、更にデブなのです。

今回は、そんなデブス女性と付き合ってみた結果分かったことについてまとめてみたいと思います。

読み終えた後に、

「俺もデブスと付き合ってみたい!」

という気持ちにもしかしたらなるかm…いや、ならないですね(笑)。

 

自分が女性に求めているものが分かる

デブ専・ブス専でない限り、自ら望んで、

「デブスと付き合いたい!」

と思う人はいません。

街中ですれ違うデブスを連れた男たちは、皆、妥協して付き合っています(断言)。

「いつまでも童貞なのが恥ずかしくて」「性欲を抑えきれず」「告白されて何となく」と、理由は様々だと思いますが、デブスとの恋愛は多くの場合、別れを前提としています。

「今はデブスとしか付き合えないけれど、いつかもっと可愛い子と付き合うんだ」

と心の中に秘めている男が大半です。

しかし、外見面を妥協しながらも付き合っていると、何が起こるか。

デブスの内面の良さが見えてきます。

「こいつはデブスだけど、料理も上手くて世話焼きで、家庭的なところがあるな」

「こいつはデブスだけど、趣味や考え方が合って一緒に話してて飽きないな」

こういったデブスの内面の良さに魅かれるうちに、最初はモノは試しで付き合ってみたものの、途中からデブスを本気で好きになる場合もあります。

この場合は、「自分は可愛い子が良いと思っていたが、実は外見ではなく、他のものを求めていた」ということが分かります。

他のものとは、家庭的な部分や精神的支え、趣味や考えが一致するなどですね。

一方、やはりデブスとの恋愛は無理だと感じて別れた場合、「魅かれる内面はあったものの、やはりデブスの外見では我慢できなかった。最低限の外見は必要だ」ということが分かったことになります。

別れた後は、自分はどれくらいの外見であれば満足する(我慢できる)のかを考え、次の恋愛を始めたらいいのです。

ただ、デブスに対して少しでも魅かれた(内面の)部分があれば、それがあなたが女の子に求める面なので、外見がもう少し上で、その魅かれた部分を持っている女の子を探してください。

可愛い子と付き合うと、好きな理由が「可愛いから」で誤魔化され、「自分が女の子に本当に求めているもの」に気付けないことが多くあります。

デブスと付き合うとそれが見えやすくなります。

 

デブスに優しくなれる

2つ目です。

デブスと付き合うと、

デブスに対して優しくなれます。

デブスの内面の良さを知ったあなたは、デブスに情が湧くようになり、今までのように外見だけで判断し冷たくすることがなくなります。

「デブスもデブスなりに大変なんだな」

「デブスにも良いところがあるな」

このデブスに対して優しくなれるということは、恋愛においても重要で、

「どんな女の子に対しても分け隔てなく優しくできるというスキル」

が今後の武器になります。

また、デブスに優しくして仲良くなると、そのデブスの可愛い友人と仲良くなるチャンスも出てきます。

大体、デブスには可愛い友人がいます。

 

ストライクゾーンが広くなる

3つ目です。

デブスと付き合うと「ストライクゾーン」が広がります。

その広さたるや、ドカベン岩鬼のストライクゾーン並みです。

デブスという、デブでブスな存在を許容していたわけですから、たとえば、柳原可奈子のようなデブなだけの子、はりせんぼん箕輪はるかのようなブスなだけの子に対して、

「余裕で抱けてしまうのではないか?」

という気持ちすら出てくるわけです。

ストライクゾーンを広くとるということは、ある意味、幸せな恋愛をしやすくなることにも繋がるのかもしれません。

 

男友達とエロネタで盛り上がれる

4つ目です。

男女問わず、最も盛り上がるのは「エロネタ」でしょう。

その中でも、その人物をヒーローに押し上げるネタは、「いかに可愛い女の子とエッチしたか」の話ではなく、

「どれだけネタ性の強いエッチをしたか」

という話です。

風俗でぼったくられた話、酔っぱらってボストロールみたいな女とヤッた話、ホテルに入ってからニューハーフだと分かった話などなど、盛り上がるのは皆で笑うことができる話題です。

童貞であればそもそもこの話題に加わることもできませんが、デブスと付き合うと、この話題に参加できるだけではなく、デブスとのエッチという最強のネタを話せる人気者になることができます。

ただ、付き合っている最中は、デブスといえども、やはり情が湧いているため、笑い話にできるのは別れてからしばらく経ってからになりますが。

 

まとめ

以上、デブスと付き合ってみて分かったことについてまとめてみました。

デブスと付き合うと大半のことが許せるようになります。

その点で、「デブスと付き合うことは悟りへの道である」と言うことができるかもしれません。

といい加減に締めて、今回は終わりにしたいと思います。

世の中のデブスに幸あれ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る