有名大学に合格したのに彼女ができない奴www【大学デビュー失敗組へ】

201503145
矢口
「有名大学」に入ってもモテない理由を解説します

 

こんにちは、矢口です。

いきなりですが、

有名(難関)大学に入ってもモテません!!

これは、私が4年間を掛けて実証済みです(笑)。

今回は、慶應や早稲田など有名大学に入りさえすれば自然とモテると勘違いしている高校生たち。

そして、私と同じように大学に入ったはいいものの彼女ができずに悩んでいる大学生に向けて、

「モテない理由」

「モテるためにはどうしたらいいか」

をご紹介したいと思います。

 

暗黒の(非モテ)学生時代

私が通っていた大学は、京都にあるミッション系の大学です。

地元では、「彼氏にするなら○○大学」といわれるほど、女の子から人気のある大学であり、実際に在籍している学生もおしゃれで洗練された学生が多かったです。

中高と1度もモテる経験をしてこなかった私ですが、

「この大学に行ったら変われるはず」

「女の子からモテるはず」

と思い、1浪して必死に勉強した結果、無事その大学への進学を果たしました。

しかし、期待の詰まった大学生活。

蓋を開けてみると、

まっっったくモテませんでした!!

モテるはずの「大学ブランド」ですがびっくりするほど何も効果を発揮しませんでした。

そのため、結局、学校とバイト以外は家に引きこもってネット三昧(主に、アニメとニコニコ動画)という悲しい4年間を送ることになりました。

しかし、社会人になってから女の子と遊びまくる経験をした今だから分かります。

なぜ、あのときモテなかったのか。

そして、どうしたらモテていたのか。

 

有名大学に入っても彼女ができない理由

まずは、大学に入っても彼女ができない理由について解説します。

高学歴と称される大学に合格し、

「彼女も自然とできるだろう」

と、大学ブランドに胡坐をかいている方は、しっかりと心にとめておいてください。

 

変わるのは所属するコミュニティだけ

1つ目です。

大学進学を果たすと舞い上がってしまい見えづらくなってしまいますが、あなたが東大に入ろうが、プール学院大学に入ろうが、デジタルハリウッド大学に入ろうが、あなた自身は何一つ変わりません。

変わるのは、

「所属するコミュニティ」

だけです。

確かに、就職活動のときなどは「学歴フィルター」によって、どのコミュニティに属しているかで区別されることがあります。

普段の生活でも、

「○○大学なんだ。頭良いんだね~」

と、持ち上げられることもあります。

しかし、「それだけ」です。

有名大学に入ったところで、

「急にイケメンになるわけでも」

「女の子の扱いが上手くなるわけでも」

「出会いが増えるわけでも」

ありません。

単に、世間的にモテ「やすい」コミュニティに属しただけです。

これが、有名大学に入っても彼女ができない理由の1つ目です。

要するに、今まで女の子との付き合いが全く無縁だったにも関わらず、

「有名大学というブランドだけで全てが上手くいくと考えるのは夢を見過ぎ」

なのです。

残念ながら、有名大学生であれば誰でも無条件で付き合うという女の子はいません。

 

引き継がれる非モテな生活習慣

2つ目です。

それは大学に入るまでの「生活習慣」に起因します。

「彼女いない歴=年齢」の人は基本的に家から出ません(よね?)。

学校と家との往復の振り子時計のような生活を送っています。

大学に入ると同時に一人暮らしを始める人は特に注意が必要です。

そもそも人との出会いが少なければ、彼女を作る機会自体も減ってしまうのですが、それに加えて、上述した有名大学のブランドを全く活かせなくなります。

「有名大学はモテる!」

と勘違いして入ったとしても、その大学には同じ大学の学生しかいません。

有名大学がアドバンテージになるのは、有名大学以外の女の子と関わったときだけです。

有名大学の学生しかいない学校の中で活動をしても、今と変わらない状況が続くだけです。

有名大学というモテる要素を1つ手に入れたとしても、今までの生活習慣や性格の問題から、その利点を使いこなせないまま終わってしまうのです。

 

有名大学にはモテる学生が多いだけ

有名大学生には2つのタイプの学生がいます。

「モテる学生」と「モテない学生」です。

「有名大生はモテる」という世間のイメージを作っているのは、全て前者です。

後者は、有名大学に入ればモテるだろうなぁと勘違いして入学してやっぱりモテなかった(私のような)タイプです。

両者の違いは一概には語れませんが、

「勉強「だけ」してきた人間かどうか」

が大きな差として表れています。

内部生や推薦入学者は、「器用」「世渡り上手」「コミュニケーション能力」に秀でているタイプが多いです。

そんな彼らは(あまりひどい例を除いて)ある程度頭も良く、同時に「遊ぶこと」も覚えています。

当然、女の子の扱いも得意です。

社会や世間について知らず、勉強ばかりしてきた学生との決定的な違いがここにあります。

そんな「勉強を片手にやりつつ、遊びもしっかりやってきたモテる学生」が有名大学には沢山います。

 

大学デビューを果たして彼女を作る方法

では、ここから「大学で彼女を作る方法」について解説します。

以下、優先順位①と②を順にこなしてください。

必ず彼女ができます。

 

優先順位①

■バイトをする(同年代の多いバイト)

■サークルに入る(特にインカレサークル)

■ゼミに入る(必須でない場合も)

■合コン・街コンに参加する

■(彼女がいる・モテる)友達を作る

■没頭できる趣味を見つけてとことん極める

 

優先順位②

■ネットのオフ会に参加する・女の子と出会う

■ナンパする

■ボランティアに参加する

■興味のあるNGO・NPOの活動に参加する

■モテる友達に「彼女がほしい」旨を伝えて紹介してもらう

■好きな子ができたら必ず自分から告白する

 

要は、

「行動範囲を広げて積極的に行動する」

ということになります。

上記を実践する理由は、ただ単に出会いを求めるためだけではありません。

様々な人たちと触れあい、人間として成長するためです。

モテないのは人間(男性)としての魅力に欠けるからです。

その魅力は、いかに人間に揉まれてきたか、いかに場数を踏んできたかで決まります。

そのため、自分の魅力を磨きながら、同時に彼女も探そうという方法論になります。

これらを真摯に取り組み、楽しむことができるようになってきたら、そんなあなたに心惹かれる女の子が必ず出てきます。

 

まとめ

有名大学に入っただけでは何も変わりません。

変わる努力をしてあなたが魅力的になったとき、初めて有名大学というブランドがあなたを助けます。

有名大学は財布や時計のブランド品と一緒です。

たまにチラッと見せるのが格好いいのであって、決してそれが全てではないということを、是非覚えておいてください。

関連記事

ページ上部へ戻る