「処女厨」だった俺が処女の彼女と1年付き合って感じた5つの幸せ

201505061
矢口
処女の彼女と付き合った感想についてご紹介します

 

こんにちは、矢口です。

数年前まで「処女厨」だった私ですが、処女の彼女と付き合った経験があります。

処女厨とは、女性に「処女であること」を絶対的に求める(みみっちい)男のことですね。

私は「処女と出会う方法」の記事などでも、「誰から批判されようが気持ち悪がられようが、あなたが女性に処女性を求めるのであれば、“さっさと”処女と出会って付き合ってしまうべき」と述べています。

その根拠は、私が処女の彼女と付き合ったことで、

最高に幸せになったから!!

です。

処女厨は、処女と付き合うことで悩みから解放されます。

今回は、処女の彼女と付き合うことで感じた5つの「幸せ」をご紹介したいと思います。

 

①エッチを教え込むのが楽しい

201505062

まず、気になるエッチ面から取りあげましょう。

彼女にとっては、ベッドの上で行う全てが初体験のため、あなたの好きなようにエッチを「教え込む(調教する)」ことができます。

当然拒否されることもありますが、あなたが教えることが彼女にとってのスタンダードとなるため、一見アブノーマルなことについてもすんなり受け入れてもらいやすくなります。

チンコを見る、触る、舐める、全てにビクビクしながら対応する彼女は非常に初々しく、愛おしい存在に感じることでしょう。

 

②様々な「初体験」を一緒に体験できる

201505063

続いて、2つ目も「初体験」についてです。

しかし、こちらはエッチについてではなく、付き合っていく中で共に体験していく出来事についてです。

彼女はデートの体験自体もないため、「行列のできるパンケーキ屋に彼氏と並ぶ」「部屋着のまま彼氏と夜中にコンビニへ買い出しに行く」「デートのときお弁当を作っていく」「一緒にプリクラを撮る」「腕枕をされた状態で寝る」「TSUTAYAで借りた映画を家で見る」そんな全てが彼女にとっては初体験です。

これまで、家族や友人と一緒に体験したことはあっても、「彼氏」と体験したことはありません。

そんな全ての出来事に対して目を輝かせながら体験していく彼女の側にいると、あなた自身はその体験が2度目3度目であっても、同じように新鮮味をもってその体験を味わうことができます。

 

③とことん慕って付いてきてくれる

201505065

処女の彼女は「別れたい」と言ってきません。

処女の彼女は、付き合った経験がないのと同時に、当然ですが、別れた経験もありません。

そのため、別れた経験のある子と比べた場合に、「別れよう」という考えが浮かびづらくなります。

2人のあいだに何らかの障害が立ちはだかったとしても、すぐに別れを切り出して他の男性の元に走るというようなことなく、共に乗り越えようと一生懸命あなたを支えてくれます。

また、彼女自身も、自分に(恋愛経験含め)様々な社会経験が不足している点を自覚しているため、自分より大人であるあなたを尊敬し頼ってくれます。

 

④彼女の個性が面白い

201505066

処女は「個性的」な子が多いです。

何人かの処女の子と接したところ、20歳を超えて処女の子は何かしらの「クセ」を持っている場合が多かったです。

私自身は出会ったことがありませんが、20代後半、30代の処女ともなると更にそのクセは強くなると思います。

男性は自分から積極的にアプローチしなければ彼女はできませんが、基本的に、女性は待ってさえいれば男性の方から言い寄られ彼氏ができます。

「女性にとって恋愛対象の男性は1割であるのに対し、男性にとって恋愛対象の女性は9割」なんてネットでも言われるように、男女の恋愛のしやすさには相当な差があります。

しかし、それでも尚、彼氏ができない女性たちは、外見か内面のいずれかに問題(偏り)を抱えている場合が大半です。

外見に問題がない場合でも、お嬢様育ち、理想が高い、コミュ障、潔癖症、引きこもりがち、オタク趣味に没頭している、女子校・女子大出身からの女性中心の職場勤務…など。

そのため、「普通の女の子と付き合いたい」と少しでも考えている場合は、処女の子は辞めて、恋愛経験のある程度ある女の子と付き合うことを推奨します。

逆に、ありきたりな恋愛や、普通の子と付き合うのには面白みを感じないという男性にとっては、彼女たちの個性は魅力的に映ることでしょう。

 

⑤彼女の両親と仲良くなりやすい

201505067

女性は、20代ともなると、「早く彼氏の1人でも作りなさい」と母親から口うるさく言われるようになります。

更に、実家暮らしの場合は、早く彼氏を作って家を出ていくようプレッシャーを掛けられるようになります。

そんな状態なので、彼女の母親からすると、不安の種だった娘の恋愛を成就させてくれた彼氏は感謝の対象になります。

また、彼女自身も、あなたのことやデート内容について逐一母親に報告するため、母親もあなたに対して好印象親近感を覚えやすくなります。

彼女の母親と会った際、フレンドリーに受け入れてもらいやすくなるのは、処女の彼女ならではといえます。

 

最後に

以上、処女の彼女と付き合うことで感じられる5つの幸せなポイントについてご紹介しました。

処女厨は、処女と付き合うことできっと幸せになれます。

1度、処女の彼女を見つけてみませんか?

処女との出会い方は「処女と出会う方法」のページをご覧ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る