サラリーマンの俺が「JK(女子高校生)」の彼女に1カ月で振られた3つの理由

矢口
JKの彼女に「1ヵ月」でフラれたトラウマ体験談についてご紹介します

 

サラリーマン2年目の頃、とあるJK(女子高校生と付き合っていました。

彼女は18歳の通信制高校に通うJKで、出会いのきっかけは「出会い系サイト」です。

彼女のことを非常に印象深く覚えている理由は、僅か1カ月で別れてしまった点にあります。

別れたと格好付けてみましたが、正確にはフラれました(笑)。

せっかくJKと付き合えたというのに、デートは4回きり、エッチも1回しかしていません。

今回は、「JKの彼女がほしい!」と思ってそれを実現させることは可能でも、実際付き合ってみたらなかなか苦労が絶えないかもしれない…という私の失敗談をご紹介します。

社会人がJKと付き合う方法については、「社会人がJK(女子高生)と付き合う方法」の記事をご覧ください。

 

JKの彼女との「出会い~別れ」

まずは、彼女との出会いから別れまでを簡単にご紹介します。

 

①出会い

「出会い系(PCMAX)」で埼玉住み18歳の女の子にメッセージを送ったところ、実は高校生だと判明(プロフィールには表記なし)。

出会いを一切匂わさず、彼女の趣味のアメピグについて10往復ほどメール交換して打ち解けた後に、「○○とまた話したいな。フリメか何か教えてもらえたら嬉しいんだけど」とお願いしたところ、携帯の本アドレスをゲット。

その後、2週間ほど仕事の合間を縫って毎日10~20通ほどやり取りを重ねる(話題のメインは彼女のバイト、元カレの話)。

「矢口の元カノが羨ましいな」と言われるまで好感度が上がったところで休日デートの約束。

 

②初デート

彼女が昔住んでいたという都内の明大前で初デート

社会人っぽくスーツで来てほしいという彼女のリクエストでなぜかスーツ姿でのデート(笑)。

てんちむ(橋本甜歌)似で写メ以上に可愛い彼女に若干緊張。

髪を茶色に染めて強めのパーマを掛けた彼女は、全日制にはまずいなそうなタイプ。

彼女が良く行っていたという激安のカラオケのフリータイムで5時間過ごす。

後半はほとんど歌わずずっとおしゃべり。

帰り際に告白してOKをもらう。

 

③2、3回目のデート

2回目は、彼女の希望でお台場でデート

制服姿の彼女とダイバーシティやフジテレビを見て回る。

特別なことはほとんどせず、スタバで普通に飲み物を飲んだり、海浜公園でベンチに座っておしゃべりして過ごす。

3回目は、初めてのお家デートで、得意のパスタ料理を振る舞う。

その後、初めてのエッチ。おっぱいはBカップとまだ(?)成長途中だった。

2015042518JK(女子高生)とHして分かった5つのこと

 

④別れ

徐々に会話が噛み合わなくなり、関係が微妙になりつつあるのを感じながら4回目のデートで秋葉原へ。

ミスドでおしゃべりした後、手を握ろうとすると拒否される(笑)。

カラオケで「やっぱり合わないと思う」と彼女から別れを切り出されて、僅か1カ月のJKとの交際が終了

 

JKの彼女に1カ月でフラれた理由

では、ここからなぜ私が短期間でフラれたのかを、彼女の言動を振り返りながら、まとめてみたいと思います。

 

①お互いの年齢差

当時私は26歳、彼女が18歳なので、年齢差は8コありました。

こうなるとお互いのあいだで流行っているもの、興味を持てるものがずれてきます。

それだけであれば、私の方が彼女の趣味に対して興味を持って話を聞いてあげることで解決できるのですが、1番困ったのが「笑いのツボ(面白いと感じるポイント)」が異なる点でした。

彼女が面白おかしく話す話題に、心から共感できない場合が少なくありませんでした。

たとえば、中高生のあいだで話題とされる一発芸人が出てきて、そのネタで笑えるかを考えてもらえたら分かりやすいと思います。

単なる勢いだけの「これのどこで笑えば良いの?」と感じるような内容についても、彼女は大笑いしていたりするのです。

逆に、私が「これはウケる」と思って彼女のために用意しておいた渾身のネタについても「へー」程度の薄いリアクションで肩透かしを食らうこともしばしば。

私が「なんだか合わないな…」と感じていた気持ちを、彼女も同じく感じていたのだと思います。

 

②「アクセサリー化」した関係性

社会人から見てJKは1つのブランドです。

同時に、JKから見ても、年上の男性である社会人と付き合うことは自身のステータスを上げることに繋がります。

JKと出会えることにテンションを上げに上げていた私は、彼女の内面を十分に理解した上で好きになる前に、「JKというブランド」「可愛い外見」に惹かれて付き合っていました。

おそらく彼女も同様で、私の内面についてはほとんど理解することなく、「恋に恋した状態」で付き合っていたのだと思います。

彼女は、フリーターや工場勤務の男性とは付き合った経験があるものの、サラリーマンでスーツ姿で仕事をしている男性とは付き合ったことがないと語っていたので、「真面目な大人」という存在に1つ憧れを抱いていたのかもしれません。

そのため、「JKと付き合いたい」と願望を持っている男性は、いざJKと付き合ったときに、「はたして彼女がJKでなければ付き合っていたのか」という問題に突き当たります。

そこで「JKであれば誰でも良かった」という回答が出た場合、その恋愛が長続きするのは難しくなってくるでしょう。

 

③私の恋愛経験の浅さ

2個や3個年下であれば特に意識する必要はありませんが、年齢差が8コもあった場合、年上男性の方が大人になって彼女(の未熟さ)を受け止めてあげることが必要です。

恋愛は対等関係でするものだとはいえ、子供じみた理由で腹を立てる彼女に対し、同レベルで対抗していては仕方がありません。

私と彼女の場合、「元カレ」の話ばかりする彼女に対し、大人になり切れず、私も対抗するかのように元カノの話を繰り出してしまいました。

別れを切り出されたときに「だって、矢口は元カノの話ばっかりして私の気持ちを考えてくれなかったじゃん」と言われたので、(お前もだろと思うと同時に)「やっぱり気にしてたんだな」ということが分かりました(笑)。

JKが未熟なのは当然です。

しかし、同じように、あるいはそれ以上に未熟だった私に、恋愛関係が破綻した原因があります。

 

最後に

以上、JKの彼女に1カ月でフラれた理由についてまとめてみました。

今でも彼女との交際期間は私の中で最短記録です(笑)。

JKと出会ったり付き合ったりする際の参考にしてみてください。

2015042518出会い系サイトでJK(女子高生)と出会う方法をこっそり教えます

 

関連記事

ページ上部へ戻る