某新聞社からの依頼を受け、新宿の「JKカフェ」を1日で全部回ってきた

201512233
矢口
新宿で「JKカフェ」巡りをしてきました

 

取材のお願いでご連絡しました。

見慣れない名前から届いたそのメールを開くと、某新聞社の記者の方からのメールでした。

どうやら内容を簡単にまとめると、

2015042518小中高生の性について取材している

2015042518JK店で働く高校生がいれば紹介してほしい

2015042518JKの性的サービス経験の有無は問わない

という依頼のメールでした。

2015060315

これまでASPの会社から連絡を受けることは何度かありましたが、出版系の会社から連絡を受けたのはこれが初めてです。

「“矢口com”も記者の目に止まるところまで来たか~」と感慨にふけりながら、紹介できるJKを思い浮かべたところ…、

いねぇ!!

1年近くJKネタを扱っていますが、紹介できるJKなんて1人もいません。

今まで何してきたんだって感じです(笑)。

面倒臭がってJKとの人脈構築を怠ってきたばっかりに、いざ頼られたときに何もできないなんて不甲斐なさ過ぎます。

「残念ながら、ご紹介できるJKはいません」と回答するのは簡単です。

しかし、依頼を受けた以上、ある程度の手を尽くすのが礼儀というもの。

こうなったら取材に応じてくれそうなJKを、この手で探し出すしかない!(もし見つからなくても、ブログのネタにできるしw)

こうして、私は新宿歌舞伎町の地に降り立ったのでした。

 

JKカフェを目指してLet’s新宿歌舞伎町!

さて、JKを探そうと考えたとき、どのジャンルのお店に行くのが良いのでしょう。

JKコミュは1対1で説得しやすい環境があるものの、断られた場合チェンジする度にお金が掛かりますし、見学店はそもそも会話自体できないのでアウトです。

JKカフェであれば、同額料金で複数のJKと話すことができる上、安く回ることができると考え、JKカフェの密集している新宿歌舞伎町へ向かうことにしました。

歌舞伎町にあるJKカフェは以下3つ。

①みんなのこどもカフェ

2015042518有吉ジャポンで紹介!新宿JK喫茶「みんなのこどもカフェ」体験談

②スペシャル

2015042518新宿歌舞伎町のJKカフェ「スペシャル」40分1200円飲み放題体験記

③コレクション

2015042518「未訪問」

※追記

読者の方から、更に「にゅう☆じぇねれ〜しょん」というJKカフェもあると教えて頂いたので、また後日回ってみたいと思います。事前調査が甘くなってしまいすみません。。

この3店舗を回って取材に応じてくれそうなJKを探すことにしました。ということで、

待ってろよ、女子高生えええええええええええええええええ!!

 

新宿JKカフェ3店舗の特徴

まず最初に、新宿のJKカフェに行ったことがないという方のために、3店舗の特徴を簡単にまとめます。

 

みんなのこどもカフェ

201506033

料金 高め※20分800円・別途ドリンク代
JKのタイプ 清楚系
JKのレベル 中の下~上の下
店内 狭め
混み具合 空いている

2015042518JKは(他店の子いわく、店長の趣味で揃えられた)清楚系の大人しめの子が中心

2015042518赤字なのではと噂されるほどお客さんの入りは少ない

2015042518時間の経過を女の子は教えてくれないため、長居すると予想以上の出費になるかも

2015042518高校を卒業した女の子もいる

 

スペシャル

201506038

料金 安め※40分1200円~・飲み放題
JKのタイプ 超ギャル
JKのレベル 下の上~上の中
店内 広め
混み具合 混んでいる

20150425183店舗の中で最も女の子のギャル色が強く、店内もガールズバーのような明るく派手な作り

2015042518JKのレベル差は激しいが、3店舗の中で1番可愛い女の子を揃えているのはここ

2015042518在籍しているのは現役JKのみ

2015042518お客さんの出入りは激しいが、基本女の子が1対1で対応してくれる

 

コレクション

2015060311

料金 普通※40分2000円~・飲み放題
JKのタイプ ギャル
JKのレベル 中の中
店内 狭め
混み具合 空いている

2015042518室内照明は暗く通常のバーのような落ち着いた雰囲気

2015042518通りに面しているためキャッチに捕まることなく店内に入ることができる

2015042518(他店の女の子いわく)JKにドリンクをねだられることもある

2015042518JKの接客サービス意識は低め

 

新宿JKカフェを巡ってきた

では、ここから実際に各JKカフェ店舗を巡ってきた体験談をご紹介します。

新宿歌舞伎町にやってきたのは、休日の午前11時前。

2015060313

5月下旬にも関わらず、外は汗がじんわりにじむほどの暖かさです。

新宿コマ劇場の跡地に新しくできた「TOHOシネマズ」からはゴジラが覗いています。

201506032

その映画館の影響か、歌舞伎町の道行く人たちは、家族連れやカップル(などの健全な人々)が増えているような気がしました。

JK店3店舗のオープン時間は「みんなのこどもカフェ」が10時から、その他2店舗が12時からです。

さっそく「みんなのこどもカフェ」から回ってみることにしましょう。

 

1店舗目:みんなのこどもカフェ

201506035

11時前に到着しましたが、以前訪れたときのように、ビラ配りをするJKはどこにも見当たらず・・・。

階段を上ってお店のドアの前まで行くと、まさかの開店前!?

公式ブログを調べるとオープン時間は10時からと書いてあります。

しかし、以前いちゃキャバの「ナースコール」を訪れた際も、お客さんの入りによって開店時間を前後させると言っていたので、そこらへんは歌舞伎町ならではのいい加減さ柔軟さがあるのでしょう。

仕方がないので12時までマックで時間を潰すことに。

開店を待って改めて訪れると、今度は前見たような制服姿のJK2人組が!

お店の女の子でした。

開店時間を尋ねてみると、以前は10時から開けていたが、今は12時から開けている模様。

店内に入るとお客さんは私だけなのに対し、女の子は4人もいました。

コーヒーを注文してカウンターに腰掛けると、店内まで案内してくれたJK2人が向かいについて相手をしてくれました。

「以前来られたことはあるんですか?」

「有吉ジャポンで紹介された直後に1度来たことあるよ」「女の子の名前何だっけな・・・」

と思い出してると、店内で料理の下準備をしていたユイちゃんがこちらに気付いて手を振ってくれました。

以前訪れた際、ユイちゃんは既に18歳だったので高校をもう卒業したはずではと思っていると、女の子の集まりが悪いためJKを卒業した子も雇い始めたのだとか。

通っている学校の様子や高校卒業後の話などを30分ほどした後、本題の取材の件について切り出してみました。

しかし、「趣味みたいな感じでやってるから・・・」と、その場にいたJKたちにあっけなく断られてしまいました。

確かにJK側からすると、JKカフェで働いていることをあまり表立たせたくないという気持ちがあるのでしょう。

いくら匿名だとはいえ、その取材に応じたところでJK側にメリットはこれといってないわけですし。

ここで記者ならもっと食い下がるのでしょうが、特別な交渉スキルを持ち合わせているわけでもないコミュ障な私は、まだ2店舗あるし良いかとあっさり引き下がることに。

IT業界で3年社会人を経験したわけですが、1日誰とも会話することなく仕事を終える日もあるほどでしたからね^^;

相手を説得・交渉することを仕事にするなんて、私には一生掛かっても無理です(笑)。

こうして「次のカフェでは取材受けてくれる子が見つかると良いですね」と見送られながら、2店舗目のスペシャルへ向かったのでした。

 

2店舗目:スペシャル

2015060310

スペシャルも訪れるのはこれが2度目です。

しかし、以前のように店頭でビラ配りをする女の子は見当たらなかったので直接2階のお店へ。

入り口付近にいた派手目のJKがカウンター席へ案内してくれました。

こちらは、お客さんが5人ほど入っていました。

しかし、比較的店内は広く女の子も多いため、混んでいるという印象はあまりありません。

最初に声を掛けてきた彼女が向かいについて相手をしてくれたのですが、彼女の雰囲気がまさに「ダレノガレ明美」でした!!

年上であろうが客であろうが、今にも「タメ語やめな~」と言ってきそうな雰囲気があります。

2015060320

もしこのダレノガレと同級生であった場合、絶対に昼休みに焼きそばパンとジャンプを買いにパシらされていた自信があります(笑)。

染め上げた髪、派手なピアス、着崩した制服。

長いつけまで瞬きするたびに「バサーッバサーッ」と巻き起こる風圧は、カウンターにしがみついていなければ飛ばされてしまうほどでした。

ダレノガレが正面に付いた瞬間、私は心に決めました。

「取材依頼は諦めて、ダレノガレの機嫌を損ねないことだけに終始しよう」

まだJKカフェは残り1店舗あります。

だって、ダレノガレみたいな凄味のある女の子に対して、取材を申し込めるかを考えてみてください。

そういうことです(白目)。

実は、店内に手の空いた可愛い女の子も何人かいました。1人ハーフの激カワのJKも見つけたのですが、「あの子に変わってもらうことできますか?」なんて言った日には、目の前のコーヒーをぶっかけられそうな気がして口に出すことができませんでした。

「綾野剛が好きだから新宿スワン見に行きたい」「最近工場のバイトしたらここのバイトと違ってハンパなく疲れた」といった感じのことを話していました。

お会計を済ませた後、お見送りをしてくれるようですが、エレベーターが来た瞬間にはもうダレノガレの足は店内に向いていて、「じゃあね~」と軽い感じでお見送りされました。

 

3店舗目:コレクション

2015060312

そして、いよいよ3店舗目のコレクション。

ここは初めての来店になります。

店頭店内、看板以外は全くJKカフェらしさはなく、通常のバーのような雰囲気となっています。

コレクションと比較すると、前の2店舗がいかに内装を頑張っているかがよく分かります。

13時過ぎにお店に入ったところ、店内には誰も(女の子も)おらず、「あれ、閉まってる?」と感じるほどシンとしていました。

しばらくして中からJKが2人出てきました。どうやらまだ店長は出勤していない様子です。

「初めて」と話すと意外そうな顔をされたので、おそらく常連客が多いお店なのでしょう。

実際、途中から常連客らしき男性が来て、買ってきたケーキや余ったAKBのCDを女の子たちにプレゼントしていました。

女の子たちは2人ともギャル風の出で立ちで、どことなく気の抜けた感じ。

学園祭中に教室で催されている喫茶店に似た雰囲気です。

「高校卒業したら何するの?」と聞いたとき、明確な答えが返ってきたみんなのこどもカフェのJKに対し、「分かんない」「決めてない」という曖昧な答えが返ってくる感じが、在籍しているJKのタイプの違いを表している気がしました。

ここのJKも綾野剛が好きで「新宿スワン」を見るのを楽しみにしているそうです。

綾野剛の顔を思い浮かべようとして、スピードワゴンの小沢の顔が浮かんだところで私はお店を後にしました。

2015060321

 

最後に

「お力に添えず申し訳ありません」

コーヒーを短時間のうちに4杯も飲んで気持ち悪くなった私は、吐き気をこらえながら記者の方にメールを返しました。

もう後半は取材のことは忘れ、JKとの会話を楽しもうという方に完全にシフトチェンジしていました(笑)。

「お前何しにJKカフェに行ったの?」状態ですが、久々にJKと会話して日々の引きこもり生活によって失われた何かを取り戻すことができたような気がしました。

(JKカフェ訪問後、謎の体調不良で1週間床にふせていたのはまた別の話ですがw)

そして、改めて感じたのはJKカフェって、女の子にやる気(サービス意識)がないのがデフォルトだから、「何かしらサービスしてもらおう(良い気分にさせてもらおう)」というスタンスで行くと、絶対に面白くない場所だなということです。

彼女(候補)以外の女の子に対して、何かをしてあげたいという欲の希薄な私みたいなタイプは、JKカフェに行くのであれば見学リフレのような会話以外のサービスのある場所の方が楽しめます。

そんな感じで、今回の某新聞社からの取材依頼をきっかけとした体験談は以上になります。

【後日談】

この後、「スペシャル」経営者の方よりご連絡を頂き、無事、記者の方へ引き継ぐことができました。

ご協力ありがとうございました。

 

※ネットでJKと出会う方法に興味のある方は「出会い系でJKと出会う方法」をどうぞ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る