秋葉原で18歳の「中退JK」からアロマエステ体験!【秋葉原制服オーディション】

201512231
矢口
「秋葉原制服オーディション」でのアロマ体験談をご紹介します

 

こんにちは、矢口です。

前回のJKお散歩に引き続き「秋葉原」に来ています。

前回は、18歳の元JKとお散歩を堪能したわけですが、今回はさらに攻め込んで「アロマ体験」に挑戦したいと思います。

しかも、そんじょそこらにある普通のアロマではなく、今回は、

“中退JK”によるアロマ

が目的です!

さっそく、「秋葉原制服オーディション」の中退JKによるアロマ体験をご覧ください。

 

 中退JKのアロマエステコースを予約!

201507132

当日はあいにくの雨模様。

さっそくお店に電話を掛けてみます。

お目当ては、口コミ・評判共に良い「中退JK」のさくらちゃん(18歳)。

公式HPの在籍表」を見てみると、可愛い女の子が盛り沢山で悩みましたが、今回は中退JKというブランドにこだわりたいところ。

HPを見てもらうと分かりますが、「秋葉原制服オーディション」は顔出しの女の子が多くて驚きます。

コースは大きく分けて以下の4つ。

2015042518①お散歩

2015042518②リフレ

2015042518③見学

2015042518④アロマエステ

①のお散歩については前回記事を見て頂くとして、②は足の裏と太もものマッサージ、③は見学パフォーマンス、④はローションを使ったマッサージになります。③と④は組み合わせて楽しむこともできるようです。

当初から決めていた「アロマエステコース」を90分で予約。

女の子との待ち合わせは「公式HP」に記載のある通り、秋葉原駅の昭和通り口で行います。

201507033

指定場所として、コクミンドラッグ前、HIS前、箱根ソバ前、バーガーキング前などが紹介されていますが、改札を出てすぐのコクミンドラッグ前が一番目立たずに女の子と待ち合わせることができるかと思います。

そして、いよいよ待ち合わせ時間の13時。

非通知で掛かってきた電話を取ると「着きました♪」と女の子の声が。

あたりを見渡すと、同じく通話中の女の子を発見。

前回と同じく、私服で来るのかな~と思っていたのですが…。

2015071311

制服姿でした\(^o^)/

制服姿の女の子と接するのが久しぶりの私はテンション急上昇(笑)。

このとき、ようやくお店のウリである「日本初の待ち合わせ型リフレ」の魅力が分かったような気がしました。

街中で待ち合わせてから行くことで、そこらへんにいる学校帰りのJKと遊ぶ雰囲気を味わうことができるのです!

これは確かに、通常のリフレや見学のように個室内でJKと対面するのとはまた違った新鮮さがあります。

ちなみに、写真はレンタルルームに移動してから(オプション代を支払って)撮らせてもらったものになります(掲載許可取得済)。

さらに「制服姿なんだね、びっくりしたw」と話すと、

「これ高校に着て行ってたやつですw」

というまさかの回答。

学校帰りのJK気分が味わえると思っていたら、制服まで本物だったとは。

彼女はパッと見、明らかに「幼い」というのが分かるロリフェイスで、公式写真通りの可愛らしい女の子でした。

「じゃあ行きましょうか♪」

「レンタルルームの場所分かる?俺行ったことなくて」

すると、

「もうすぐソコにありますよ」

と彼女の言う通り、ドラッグストアからわずか10秒で着く場所にありました。

 

いざ、初めてのレンタルルームへ!

JKに連れられ到着したのは、雑居ビルの8,9,10階に入った「メロディー」というレンタルルーム。

201507137

地味にレンタルルームへ行くのは、これが初体験です。

レンタルルームと聞いて、イベントなどの用途で貸し出されている部屋かとつい最近まで誤解していたのですが、要は「安いラブホ」のことですね。シャワー室も完備されています。

そのため、「ラブホは高い!もっと安くエッチを済ませたい!」と考えている人にとっては打ってつけの場所になるでしょう。

出会い系を激利用していた数年前、レンタルルームの存在を知っていれば、今頃iPhone6を買えるくらいは節約できていた気がします(笑)。当時は常にラブホを使っていたので…。

さて、レンタルルームに関しての解説はココらへんまでにして、いよいよJKとレンタルルームへ入室するわけですが、ここで問題が…。

2015071311

え、制服姿の女の子と入れんの?

冷静に考えればアウトです(笑)。

中でヤることはほとんどラブホと変わらないので、高校生の女の子とは当然入れないでしょう。

無職とはいえ、前科が付くのはまぬがれたいところ(笑)。

「彼女は18歳で高校生でもないので・・・」と説明したら大丈夫そうな気もしますが、

「制服姿の女の子を連れ込もうとする変態ロリコン野郎」

と思われるのは、避けられそうにありません(笑)。

そのことをJKに伝えると、

「今まで何も言われたことないから大丈夫だよ♪」

と涼しい表情。

そして、ドキドキしながら受付へ…。

201507133

受付には、このような券売機が設置されていました。

今回は90分なので2500円。

ちなみに、このルーム代は「メルマガ登録(公式HP)」で無料になるので、利用する前に登録しておくとお得です。

私が急いで券を購入していると、

「制服オーディションの子だよね?」

と、券売機の後ろからぬっと現れた受付の人にJKが声を掛けられていました。

どうやら入室を断られたりすることはないようです。

そして、そのまま指定された9階の部屋へ。

 

中退JKのアロマ体験!

そして、初めて入ったレンタルルームの中はこんな感じ。

簡易ベッドが一つ、一人やっと入れるサイズのシャワー室が一つ付いています。

201507134

女の子とのプレイ時間は、レンタルルームの中に入ったタイミングでスタートします。

そして、お金を支払うときに見せてもらったオプション表がこちら。

2015071351

詳細は店舗で見て頂きたいのですが、アロマ店ならではなのか、かなり攻めたメニューが満載でした。

写真撮影、動画撮影、メアド交換などもあり、どれにするか迷いながら、中でもネタになりそうな「水着」「写真撮影」を選択。

水着など、事前に伝えておく必要のあるオプションもあるので、電話予約の際に伝えておくのがベストでしょう。

お金を支払ってから、いよいよアロママッサージ開始です。

私は紙パンツに、JKは水着にお着替えします。

まずは、うつ伏せになって、ローションを使った太もものマッサージ。

太ももが弱い私は、マッサージがこちょば過ぎて、笑いがこらえきれませんでした(笑)。

その後、腰、背中、肩・・・と、順にJKの柔らかな手で揉みほぐされていきます。

水着姿のため、密着具合がハンパなかったです(笑)。

また、アロマエステを受ける場合のアドバイスとして、

絶対にオプションは付けた方がお得!!

です。

「逆ハグ」や「逆リフレ」を選択して、こちらからもイチャイチャした方が断然楽しめるかと思います。

JKからアロマエステを受けているあいだ、ムラムラ具合がハンパなかったので(笑)。

 

「裏オプション」の有無は?

さらに、「裏オプション」の有無についても尋ねてみました。

すると、している子もいるのだそう。

ただ、どこまで裏オプションが可能かは、それぞれ「女の子による」みたいですが。

ちなみに、あまり積極的にはお願いしませんでしたが、さくらちゃんは「裏」は難しそうな様子でした。

 

最後に

以上、「秋葉原制服オーディション」の中退JKによるアロマエステ体験をご紹介しました。

「現役JK」に規制がかかりつつある今、この「中退JK」という存在がJKビジネス店にとって最後の砦になるのかもしれません。

中退JKやアロマエステに興味のある方は「秋葉原制服オーディション(公式HP)」へどうぞ。

【関連記事】「「秋葉原制服オーディション」JKお散歩体験談!夜の秋葉原を徘徊してみた

【おすすめブログ】「日本初の派遣型見学リフレ&アロマエステ店、『秋葉原制服オーディション』体験レポート(EGweb)

 

関連記事

ページ上部へ戻る