まだ激安風俗に行ってるの?出会い系で見つけた子に0円で「風俗プレイ」してもらう方法

矢口
風俗代を節約する方法教えます

風俗に行くお金がない‥!

そんな方へ向けて、『無料』で風俗体験ができる方法をご紹介します。

これを実践していたからこそ、私は30歳になるまでほとんど風俗を利用したことがありませんでした(今は飽きるほど通いまくっていますが笑)。

その方法とは、

 出会い系サイトで見つけた女の子に「風俗嬢」代わりになってもらう

です。

信じられないかもしれませんが、以下の方法でお願いすると結構な割合で女の子からOKがもらえます。

この記事では、

出会い系で見つけた女の子と「無料で」風俗プレイを楽しむ方法

をご紹介します。

今日からあなたも、自分専用の「ソープ嬢」「ピンサロ嬢」「デリヘル嬢」を作ってみませんか?

 

風俗代がないからといって激安・格安風俗に行ってはいけない3つの理由

「お金がない…でも風俗には行きたい!」

そんなときによく選ばれるのが、

『激安風俗』『格安風俗』

と呼ばれる存在です。

しかし、激安風俗に行くことを矢口は絶対的におすすめしません!

お金をドブに捨てるようなものだからです。

大学時代に60分1万円のデリヘルを「フリー」で利用し続けていた私ですが、満足できた経験は本当に数えるほどしかありません(笑)。

以下、矢口が激安風俗をおすすめしない理由を解説します。

 

ブスかデブしかいない!

基本的に、激安風俗に「可愛い子」はいません。

来るのはブスかデブかBBAか、そのハイブリッドだけです(そして高確率でハイブリッドです)。

「もしかしたら…」なんてワンチャンは99%起こりえません。

可愛い子は最初から中級~高級風俗で働いていますし、仮に在籍していたとしても指名で埋まっていてフリーで当たることはありませんし、すぐに中級~高級風俗に移籍していってしまいます。

可愛い子とエッチしたければ、ワンチャンに賭けるのではなく、最初から中級以上の風俗を利用するようにしましょう。

 

サービス地雷率がハンパない!

さらに最悪なことに…。

激安風俗にいるのは、大半が「サービス地雷嬢」です。

もともと接客に対する意識が低く、固定の客が付かないゆえに激安風俗に辿り着いている嬢も多いため、ある意味当然ともいえます。

激安風俗と高級風俗に入ると、その嬢の接客意識の差に驚きます。

意外にも、可愛い子ほどサービス意識が高かったりします。

激安風俗だと、

「キスは無理」「正常位以外できない」「乳首は触らないで」「仮性包茎は病気だからフェラできない」

なんて平気で言ってくる子がたくさんいます。

 

賢者タイムが地獄!

そして遊んだ後に待っているのは、「地獄の賢者タイム」です。

激安風俗の帰り道、

「俺は何をしてるんだろう…」「1万円あれば焼肉でもお寿司でも何でも食えたのに…」

と強烈な虚無感と後悔に襲われます。

特にそのお金が、バイト代やお小遣いを貯めてやっと捻出したお金であればなおさらです。

お金のない大学生やお小遣いの少ないサラリーマンこそ、激安風俗に行ってはいけないのです。

 

どうしても風俗が我慢できないとき、激安風俗で遊んでもいい「例外」

総じて満足度の低い激安風俗ですが、実は一つだけ、地雷を『少しだけ』回避する方法があります。

それは、

激安店の「ランカー嬢」を指名すること

です。

激安デリヘル『デッドボール』で3人呼んでみた体験談を読んてもらえば分かりますが、激安店とはいえランカー嬢は「まぁまぁ可愛いかな」くらいのレベルが揃っています。

ランキング上位の子を指名することで、とりあえずマツコ・デラックスのような超絶地雷嬢が来ることは避けられます。

「まぁまぁ可愛いかな」くらいのレベルの子と1万円前後でプレイできるのですから、かなりコスパは良いといえるでしょう。

ただし、この方法が使えるのは、公式HP上に「ランキング」を載せているか、在籍嬢をランク分けしているお店に限定されます。

たとえば、デリヘルのサンキューグループなどは、サイト上で上位9人のランカー嬢を紹介しています。

間違っても店員に「おすすめの子は誰ですか?」とか「おすすめの子でお願いします」なんて言ってはいけません。

「お客さんにとっておすすめ」の子ではなく、「お店にとっておすすめ」の子を割り当てられるのがオチです。

 

出会い系サイトで1人の女の子とエッチするのに掛かる料金は?

今でこそ風俗のヘビーユーザーである矢口ですが、風俗で遊び始めたのはここ数年のこと…。

それまでは出会い系サイトで出会った女の子とのエッチを繰り返していたので、ほとんど風俗に行く必要がありませんでした。

そんな私の経験からも言えますが、出会い系は「風俗」の代わりに使えます。

私の経験上、出会い系で一人の女の子とエッチするのに掛かる費用は、

出会い系の料金

 サイトの課金代

300円~500円(1人あたり)

 居酒屋代

5000円~1万円(2人分)

 ホテル代

3000円~5000円(2人分)

なので、おごったとしても、女の子と1万円ちょっとあればエッチできます。

セフレにすることができれば、2回目以降は割り勘にしてくれたり、お互いの家でエッチしてホテル代を節約することもできます。

セフレを作って家でエッチすれば、わざわざ高いお金を支払って風俗に行く必要はもうありません。

出会い系で出会った子をセフレにする具体的な方法については「セフレ募集掲示板でセフレを11人作った俺がセフレの作り方・探し方教えます」を後で読んでみてください。

 

出会い系サイトにいる素人の女の子に「風俗プレイ」をお願いする方法

「でも、普通の女の子にいきなり風俗みたいなプレイをお願いしても断られるんじゃないの?」

と思う人が多いかもしれませんが、これが意外とすんなりOKしてもらえます(笑)。

特に、風俗の中では一番料金が高い「ソープ」の代表的なプレイである『マットプレイ』はまず断られません…!

実際、私はこれまで女子大生や看護師を含む7人の女の子にお願いしましたが、全員OKしてくれました。確率は100%ですね(笑)。

以下、風俗のジャンルごとに女の子の攻略方法を見ていきましょう。

 

【ソープ嬢の作り方】女の子を「マット設備」のあるラブホテルに誘う

まずは一番簡単な「ソーププレイ」から。

この方法は単純です。

女の子を、

マット設備のあるホテル

に誘ってください。

最初から「マットのあるホテル知ってるから行こうよ?」と誘ってもいいですし、入ったホテルに偶然マットがあったということにしても構いません。

マットのあるホテルに入った経験のある女性は少ないため、

「せっかくだしマットでエッチしないw?」

と誘ったら、物珍しさから高確率でOKしてくれます。

実際この誘い文句で、当時付き合っていた18歳のJKの彼女にマットプレイしてもらった経験もあります^^;

こちらから提案しなくとも、初めて見るマットにテンションが上がって、女の子の方から「マットでしたい♡」と言ってくる場合もあります。

こうなると後は、マットに寝転がって備え付いているローションやボディソープを使って、奉仕してもらうだけです(笑)。

自分専用の風俗嬢(無料)のできあがりです。

まぁソープ嬢のようなテクニックは期待できませんが、素人の女子大生やOLに風俗嬢のようなことをさせているという点に非常に興奮します(笑)。

ちなみに、マット設備のあるラブホテルですが、全国にたくさんあるので「ハッピーホテル(マットのあるホテル)」で探してみてください。

東京の有名なマットのあるホテルは以下になります。

新宿

FORSION、PASHA、D-WAVE、J-MEX、AN、PERIER、ATLAS、STELLATE、W-BAGUS

池袋

エリアス、アランド、X、エルス、オアーゼ

渋谷

TWO-WAY、SK PLAZA、White City23、DIAMOND、PARIS

以下は、私が新宿でよく使うホテルの「PASHA」です↓。

【ピンサロ嬢の作り方】30分間クンニする覚悟を決める

続いて、ピンサロ嬢の作り方に入ります(笑)。

出会い系の女の子に、30分でも1時間でもフェラをしてもらうことは可能です。

相手がこちらに惚れていて夢中な場合は別ですが、これにも条件があります。

それは先に長時間クンニしてあげることです。

女の子をクンニする前に時計の時間を確認して、

「30分クンニするぞ!」

という覚悟と共にクンニしてください(笑)。

クンニが苦手という人は難しいかもしれませんが、するときは「女の子がイったかどうか」は関係なく「設定した時間を過ぎるまで」機械的にクンニしてあげてください(笑)。

途中で疲れたり飽きたりしたときは、シックスナインの体勢に入ってお互い舐め合えばまだ時間を持たせることができます。

ココまで時間をかけてクンニしてあげる男はごくごく少数なため、クンニしてほしさに関係が継続してセフレ化することも少なくありません。

心理学の有名な法則で、他人から施しを受けるとお返しをしなければいけない気持ちになる『返報性の法則』というものがありますが、まさにコレを狙うわけですね。

これだけ長時間クンニしてあげると、こちらが何も言わなくても自然と長時間フェラをしてくれるようになります。

私の最高記録では、休み休みですが一回のエッチでトータル1時間咥えてもらったこともあります。

ピンサロ嬢のようにフェラを頑張ってほしければ、まずは女の子をクンニで満足させてあげましょう。

 

最後に

以上、出会い系サイトの女の子と風俗プレイを楽しむ方法を解説しました。

1回、2回で見たら風俗に行った方が手軽で安上がりかもしれませんが、5回~10回と長期的に見ると、素人の女の子を見つけて風俗プレイをお願いした方が確実にコスパが高くなります。

出会い系の女の子をセフレにすることができれば、そもそも風俗に行く必要すらなくなってきます。

むしろコレを知らずに風俗ばかり行っていると、知らないあいだに「損」していることに…。

風俗代を節約したい方は「大人の関係」を求める女の子が多いPCMAXに登録して今すぐ使ってみてください。

▼PCMAX(登録無料)▼

https://pcmax.jp

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【おすすめ記事】セフレ募集掲示板でセフレを11人作った俺がセフレ作る方法教えます

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

     

▲新宿ピンサロ「アルファ」▲

ページ上部へ戻る
Top