東京の人気「セクキャバ店」を1日5つ回ってみた!都内のおっぱぶハシゴ体験談

矢口
東京の「セクキャバ」を1日かけて巡ってきました

 

1日で最高何人のおっぱいを揉んだことがありますか?

世の男たちを魅了してやまない、あの『双丘』…。

これまで約30年、おっぱいに翻弄されたともいえる人生を送ってきましたが、

一回気のすむまで揉みまくったら案外満足するものでは?

おっぱいの魔力に抗うことができるのでは?

と考え、1日で14人の女の子のおっぱいを揉んできました!

というわけで今回は、

東京都内のセクキャバ店を1日かけて5店舗巡ってきた体験談

をご紹介します。

「東京でどこに行ったらおっぱいが揉めるの?」

その疑問、おっぱいソムリエ矢口が解消します!

⇒東京「ピンサロ」めぐりはコチラ

⇒東京「オナクラ」めぐりはコチラ

⇒東京「メンズエステ」めぐりはコチラ

 

目次

セクキャバとは?おっぱいを揉みに「セクキャバ」へ行こう

まずは童貞・風俗店未経験者の方へ向けておさらいです。

おっぱいを揉みたい・舐めたいなら、

「セクシーキャバクラ(略してセクキャバ)」

へ行きましょう。

別称「おっぱいパブ(略しておっぱぶ)」とも言いますね。

ワンセット40分6000円前後で、2~4人の女の子のおっぱいを揉むことができます。

ただ、エッチや抜くことはできないため、「生殺し状態が嫌」「お金を払う以上抜きたい」派の私は普段あまり好んでは行きません^^;

また、触れるのは女の子の上半身だけ(女の子によっては下有りの子もいますが、基本的には下のお触りはNGです)。

キャバクラのように、嬢からドリンクのおねだりや延長交渉があるのも特徴です。

直ではなく服の上から揉むだけで満足できるという人は、さらに安価の「いちゃキャバ」というジャンルのお店もあるのでそちらも候補に入れてみてください。

 

東京の有名セクキャバ(おっぱぶ)街は「新宿・池袋・上野・五反田・赤羽・錦糸町」

ではココから東京のセクキャバ街の解説に入ります。

東京は以下の街にお店が密集しています。

有名セクキャバ街

新宿・池袋・上野・五反田・赤羽・錦糸町

この中でも三大聖地と言われているのが、「新宿・池袋・上野」です。

新宿・池袋が約30店舗、上野が約20店舗と、都内で群を抜いたセクキャバ激戦区となっています。

その他、五反田・赤羽・錦糸町・新橋・六本木・神田・吉祥寺・立川・渋谷にも5店舗前後のセクキャバ店が駅近くに存在しています。

初心者の方は、まずは上記であげた新宿・池袋・上野のいずれかに行くことをオススメします。

サービス重視なら池袋・上野、ルックス重視なら新宿とも言われていますが、やはり数・質ともに充実しているのは新宿でしょう。

【新宿セクキャバ編はコチラ】新宿の人気「セクキャバ店」を1日5つ回ってみた!歌舞伎町のおっぱぶハシゴ体験談

 

朝セク?昼セク?1日でセクキャバ店5つをどう回る?

そんな都内のセクキャバ店のハシゴ方法ですが…。

悩みに悩みました!

その理由は、セクキャバ店の「営業時間」にあります。

以前回ったピンサロ店は、昼の12時~深夜0時と営業時間が長いのですが、セクキャバ店の多くは夕方18時~深夜0時までと営業時間が短いのが特徴です。

6時間で5店舗巡るとなると、かなり難易度が高くなってしまいます。

そこで考えたのが「朝セク・昼セク」という、朝や昼に営業しているセクキャバの存在です。

これらのお店も回ることで、5店舗達成を目指したいと思います。

今回巡る街と順番は以下の通り。

上野⇒池袋⇒錦糸町⇒渋谷⇒新宿

この中では、上野が昼セクに該当します。

三大メッカの新宿・池袋・上野は当然入れるとして、他の2つを迷ったのですが、同じく人の多く集まる渋谷、変わりどころとして錦糸町を選択しました。

本当は、錦糸町⇒上野⇒池袋⇒新宿⇒渋谷と回るのが最短経路になるのですが、各店舗の営業時間の関係で山手線を行ったり来たりしています(笑)。

 

セクキャバ1店舗目「上野」へ突撃

とうわけで、さっそく東京セクキャバ巡りスタートです!

時刻は日曜日の15時です。

まずは御徒町に風俗街の広がる「上野」から回っていきましょう。

上野の人気・おすすめのセクキャバは?

最初の上野ですが、セクキャバ含め風俗店に行くときは注意が必要です!

なぜなら新宿歌舞伎町と同じく、悪質な「ぼったくり店舗」の存在で有名なためです。

上野は基本的に、「仲町通り」沿い以外のお店は避けた方が無難です(今回私が行ったお店やネットで事前に調べたお店であれば構いませんが)。

特に昼間からしつこい客引きがいるので要注意です。

そんな上野の人気セクキャバは以下の通り。

上野人気セクキャバ

天使のココロ

ピーチ

おいも学園

吉原

大江戸

エンジェルキッス

標準的なセクキャバ店なら「エンジェルキッス」、ポチャ好きなら「ピーチ」、熟女・人妻好きなら「天使のココロ」、若い子や制服が好きなら「おいも学園」、和風が良ければ「大江戸」「吉原」がおすすめです。

ちなみに「吉原」はオプションの『ブランケット(毛布)』を付けると、下のお触りができるようになるという噂です。

 

ぽっちゃり専門セクキャバ「上野 ピーチ」を体験

そんな中で、今回私が選んだお店は「ピーチ」。

元の店名は美しい豚と書いて「美豚(びとん)」です(笑)。

昔の店名からも予想の付くように、そう、

ぽっちゃり専門セクキャバ

なのです!

なぜデブ専でもない私があえて「ぽっちゃり専門店」を選択したかというと、

「一店舗くらいネタを含めた方が面白そうだな」

と安易に考えた結果なのですが、オープン時間の関係でまさかの一番最初に回るはめに…(笑)。

営業時間は14時~23時で、昼セク店も兼ねています。

最寄り駅は、上野の風俗店全般にいえるのですが、上野駅ではなく、湯島駅や御徒町駅になるのでご注意ください。

お店のある2階に上がると、

「当店はぽっちゃり専門店ですがよろしいですか?」

とまず第一に確認されます。

まぁよろしくはないのですが、今回は仕方ありません(笑)。

初めてであることを伝えると、

「女の子は10分でどんどん入れ替わります」

「最初から膝の上に乗ってすぐにおっぱいを出します」

「女の子は皆70キロ以上なので腰や脚の悪い方はご遠慮ください」

と説明を受け、4000円を支払って待ち時間なしで店内へ。

柳原可奈子~渡辺直美クラスまで!支えた総体重は280キロ

ソファに腰かけ飲み物を手をする間もなく、一人目の女の子がやって来ました。

店内はかなり薄暗いため、暗闇に目が慣れるまで女の子の顔は見えません。

説明通り、すぐに膝の上に乗ってぽっちゃり特有の巨乳をさらけ出してきました。

店員から「会話をしていると時間がなくなるので、すぐにおっぱいにいってください」と言われていたので、挨拶もそこそこにおっぱいへ。

腰に手を回しておっぱいに顔を埋めます。

もう気分は完全にトトロにしがみ付くメイです(笑)。

その後、時間いっぱい顔をおっぱいで挟まれたり押し付けられたり…。

非デブ専の私は全くエロい気持ちにならなかったのですが、抱き着いた状態で頭を撫でられ続けると、なんだか童心に返ったような気持ちになりました(笑)。

そして女の子の名前がアナウンスで呼ばれ一人目が終了。

まだ10分しか経っていないのですが…、

一人目の時点で膝がまぁまぁ限界です(笑)。

その後、2人目、3人目、4人目と膝の上に招き入れ、結局、一店舗目で支えた女の子の総体重は280キロ…!

女の子のぽっちゃり具合のイメージとしては、一番軽い子で柳原可奈子、一番重い子で渡辺直美くらいでした(笑)。

2人目の女の子は積極的に会話を振ってくれる子だったので、2人目からはおっぱいを揉みつつ会話中心でいきました。

女の子全員に好きな食べ物を聞いてみたところ、「お肉+ご飯」の回答率が75%という結果になりました(笑)。

この後、圧縮され続けた太ももに3時間ほど痺れが残ったので、脚に不安を抱える方は十分注意して行ってください(笑)。

お店を出るときお客さんが3人待っていたので、昼間からも繁盛しているようでした。

【店名】ピーチ

【支払った料金】6000円

 

セクキャバ2店舗目「池袋」へ突撃

2店舗目があるのは、ピンサロ街としても有名な「池袋」です。

【関連記事】池袋の人気ピンサロ店5つを回ってきた!おすすめランカー嬢の指名体験談

負傷した脚を引きずりながら、お店のあるJR池袋駅西口に向かいます(笑)。

池袋の人気・おすすめのセクキャバは?

池袋の人気セクキャバは以下の通り。

池袋人気セクキャバ

チェリー

ミルキーパイ

プリティーゲッター

エマニエル

その他、「ショコラ」「大江戸」「スマート」「パイン」「エンジェルキッス」なども有名で、池袋はコンセプトに凝ったお店が多いのも特徴の一つです。

また、2chや爆サイ上では「チェリー」のステマが凄まじいので、見るときは話半分に見ておいてください(笑)。

 

最安4000円!「池袋 エマニエル」を体験

そんな池袋に到着したのは17時。

お店は「エマニエル」です。

オープンの18時まで時間があったので、少しカラオケで時間を潰すことに。

最近のカラオケってこんなにエロいんですね↓ 思春期の中学生とか大丈夫でしょうか(笑)。

その後18時に合わせて店内へ。

ココはメルマガ会員になることで最安4000円で入れます。

店内はソファがすべて同じ方向を向いた配置になっており、客同士視線が合って気まずい思いをすることがないよう配慮されています。

オープンに合わせて入ったつもりでしたが、すでに店内には10人以上の客が入っていました。

後から女の子に聞いたところ、休日は16時オープンなんだとか(リサーチ不足でしたね…)。

女の子のドリンクを注文するも不完全燃焼の結果に

待っていると5分ほどして一人目の女の子(22歳)がやって来ました。

…が、一店舗目以上に店内が暗く、女の子の顔がほとんど見えません…!

暗闇に目が慣れてきた頃、ようやく隣に座ってるのが童顔の女の子だと分かりました。

5分ほど会話していると、

「女の子のドリンクをお願いできませんか?」

とスタッフが交渉にやって来ました。

「ドリンクは一人目だけなので…」と言われ、女の子にもせがまれ渋々1000円のドリンクを注文。

女の子はイチャイチャしてくれましたが、ドリンク分楽しめたかというと微妙なトコロ…(笑)。

その後、27歳の貧乳女子、25歳のむっちり系女子が順番にやって来ました。

延長交渉はあっさりめでしたが、全体的にどうも不完全燃焼…。

飛び切り可愛い子が出てくるわけでもなく、スタイルが良い子が出てくるわけでもなく、話が盛り上がる子が出てくるわけでもなく…。

う~ん、こんなもんかなぁという、あまり特筆すべき点のない結果に終わってしまいました。次回に期待です。

【店名】エマニエル

【支払った料金】5000円

 

セクキャバ3店舗目「錦糸町」へ突撃

続いて訪れたのは、東東京随一の風俗街と呼ばれる「錦糸町」。

池袋から電車で30分です。

錦糸町の人気・おすすめのセクキャバは?

錦糸町の人気セクキャバは以下の通り。

錦糸町人気セクキャバ

貴婦人

大江戸

ギャルゲッチュ

リップマジック

風俗店の多くは南口に集中しています。

錦糸町は風俗街としての知名度が低く、知り合いにバレにくいという理由から、昼間は都心で女子大生やOLをしている女の子が多く在籍しているそうです。

そのため、錦糸町のキャバ嬢・風俗嬢はレベルが高いと言われているんだとか…。

 

コスプレイベント開催中「錦糸町 リップマジック」を体験

そんな錦糸町に到着したのは19時過ぎ。

予定では、ステージ上の女の子を指名できる「貴婦人」を訪れる予定でした。

しかし、この日お店に到着してみると、なんと定休日…!

すぐに次の候補店舗の「リップマジック」へ向かうことに。

リップマジックがあるのは風俗街のある逆方面、北口になります。

看板等が出ておらず、初見だと見逃してしまいそうになりますが、駅前の松屋の隣の雑居ビルの中に入っています。

1階で呼び込みをしていた店員に案内され、本来5000円のところを4200円で入れることに。

明日(月曜)から会社ということもあってか、店内のお客さんは3人ほどと少なめでした。

可愛い上に美巨乳!22歳の女子大生こころさん登場

キャバクラ風のソファで待機していると、巫女さん衣装の女の子がやって来ました。

そしてこの彼女、

今日一かわいい…!!

名前は「こころさん」で、22歳の女子大生だそうです。

隣に座って手をニギニギしながらおしゃべりします。

どのタイミングでおっぱいを触ろうか必死で探っていると、10分ほどしたところで店内照明が暗くなり、BGMのボリュームもUP…!

隣の彼女が、

「膝の上に乗ってもいいですか?」

と言って、上に来るや否や自分から服をはだけておっぱいをさらけ出してきました。

どうやら、リップマジックは今回初めての「ハッスルタイム(ダウンタイム)」制のお店のようです。

そしてさらに、可愛い上に巨乳(Eカップくらい?)で美乳!

今日一日セクキャバ店を頑張って回ったのは、このおっぱいにありつくためだった!と言っても過言ではありません(笑)。

続いて、ナース服を着た19歳の女の子が登場。

こちらも可愛いくて、若い頃のmisonoに似たギャル風の女の子でした。

4200円でこのレベルの可愛い子たちのおっぱいを揉めるとは…錦糸町なかなか侮れません!

疲れたときはまたこころさんのおっぱいに癒してもらいに行こうと思います(笑)。

【店名】リップマジック

【支払った料金】4200円

 

セクキャバ4店舗目「渋谷」へ突撃

ようやく終わりが見えてきました。

4店舗目は道玄坂裏筋に風俗街の広がる「渋谷」です。

錦糸町から電車で30分ですが、疲れて電車の中で爆睡していました。

正直こころさんのおっぱいでもう満足したので、帰りたいのが本音です(笑)。

渋谷の人気・おすすめのセクキャバは?

渋谷の人気セクキャバは以下の通り。

渋谷人気セクキャバ

フラミンゴ

キュール

プリティーリゾート

クラブ アトラス

プレシャス

ピュアバケーション

渋谷の風俗はデリヘル・ホテヘルが多いのが特徴で、セクキャバ・ピンサロの数は決して多くありません。

個人的に、風俗で遊ぶにしても出会い系の子と会うにしても池袋・新宿を選ぶことが多く、渋谷はまだまだ未開の地なので今後攻めていきたいところです。

 

カーテンで仕切られた半個室店「渋谷 ピュアバケーション」を体験

21時前に到着したのは「ピュアバケーション」です。

お店は、前回行った出会い喫茶キラリ(渋谷センター街店)のすぐ側です。

【関連記事】出会いカフェ初体験談!新宿・池袋・渋谷で3人ホテルに連れ出してみた

場所がちょっと分かりにくいですが、細い階段を上って2階へ上がると受付があります。

愛想の良い店員が対応してくれ、フリーの40分で8000円をお支払い。

受付には「出禁客」の写真が公開されていました(笑)。

通されたソファ席はカーテンで仕切られており、すべての席が半個室状態になっています。

巨乳で可愛いけどサービス意識ゼロのセクキャバ嬢登場

やや眠気を残しながらソファ席で待っていると、すぐに女の子がやってきました。

1人目は20代後半らしきサバサバ系のギャル。

2人目は同じく20代後半の貧乳ギャル。

どちらもあまり印象に残る点は少なく、これは池袋パターンではと危惧し始めたところ…。

3人目、ドレスから豊満なおっぱいが溢れ出そうな巨乳嬢がやって来ました。

顔は錦糸町のこころさんの方が好みですが、十分可愛いレベルです。

眠気が覚めてテンションを上げながら会話するも、どうも彼女の方はいまいち乗り気ではない様子^^;

サービス地雷とまではいきませんが、お客さんを楽しませようという気持ちの希薄なタイプの子でした。

しかしお金を支払っている以上しっかり仕事をしてもらいます(笑)。

「上に乗ってもらっていい?」とお願いして膝の上へお招き。

(ちなみに前の2人も膝の上に乗るのではなく、隣にくっついてイチャイチャするだけのスタイルでした)

やる気はなさそうでしたが、素直に上に乗ってきてくれたので、ドレスをずらして念願のおっぱいとご対面。

Fカップはありそうなボリューミーな膨らみに、時間いっぱい顔を埋めて過ごしました(笑)。

おっぱいと別れるのが名残惜しくて、この日初めて延長するかちょっと悩みましたが、延長すると終電で帰れなくなってしまうので泣く泣くお店を後に…。

【店名】ピュアバケーション

【支払った料金】8000円

 

セクキャバ5店舗目「新宿」へ突撃

いよいよ東京セクキャバ巡りラスト…!

金と欲望が渦巻く街「新宿歌舞伎町」です(笑)。

到着したのが22時半、なんとか終電で帰れそうです^^;

新宿の人気・おすすめのセクキャバは?

新宿の人気セクキャバは以下の通り。

新宿人気セクキャバ

club H

キャンディーコレクション(元キャンディーマジック)

G-scandal

竜宮

スーパーエンジェル

シークレットハニー

その他、「チェリー」「プリンセス」「京乱」「大江戸」「おいらん」「キャンディ」「エンジェルキス」といったお店も有名です。

実はこの日、11時オープンの「club H」の昼セクからスタートする予定だったのですが、日曜日が定休日だということをすっかり忘れており、急きょ上野スタートに切り替えました(笑)。

【新宿セクキャバ編はコチラ】新宿の人気「セクキャバ店」を1日5つ回ってみた!歌舞伎町のおっぱぶハシゴ体験談

 

VIPルームのある「新宿 キャンディーコレクション」を体験

到着したのは、新宿歌舞伎町の「キャンディーコレクション」です。

このお店はなんと、朝4時~昼12時までの朝セクも営業しています(以前11時に訪れたところ、既に女の子があがっていて入れませんでしたが)。

キャンディーコレクションは口コミや評判が非常に良く、実際に私も以下の記事を読んで行くことを決めました。

【関連記事】新宿の優良セクキャバ!『キャンディーコレクション』体験レポート【EGweb】

終電間際でも混みあっており、20分待ちを伝えられました。

フリーでも希望の女の子のタイプはなんとなく聞いてくれるそうなので、

「おっぱいの大きい子でお願いします!」

と正直に伝えておきました(笑)。

また、このお店はVIPルームが存在し、20分500円で利用することができます。

せっかくなのでVIPルームを選択し、「8000円+VIPルーム代1000円+TAX1800円=10800円」をお支払い。

ちなみに、通常のオープン席はキャバクラ風の横に長いソファ席になっています。

フリーでも超ハイレベル!モデル系&清楚系セクキャバ嬢登場

案内されたVIPルームですが、VIPというほどのVIP感はありませんでした(笑)。

ピンサロでよくある、仕切りありの普通のソファ席という感じです。

そこで終電時間を気にしながら30分ほど待っていると、ようやく女の子が登場!

「いかにもキャバ嬢!」といった感じの、髪を巻きに巻いたギャル系の女の子です。

おっぱいは小さいものの細身でスタイルは良く、モデルのエビちゃんに似た顔つきをしていました。

「フリーでこのレベルが出てくるとは…」と驚きながら、イチャイチャしつつ会話を楽しみました。

「夜のお店で働いてる子は街中でもすぐに分かる」と話していたので特徴を聞いてみたところ、

「バッグとかで見分けられるよ。ヴィトン?ヴィトンは安いから普通の子も持ってるし分かんないな。エルメスとかプラダかな」

と教えてくれました。

「ヴィトンは安い」という言葉を聞けただけで、今日はもう良い人生経験を積めた気がします(笑)。

そうして2人目にやって来たのは、くりっとした目が印象的な清楚系美女…!

こちらは橋本環奈に似ていました(本人もよく言われると話していました)。

フリーの回転で入った場合、1人可愛い子が来れば御の字かと思っていましたが、まさかの2人目も大当たりです。

このお店ちょっとハイレベル過ぎません?

彼女ともチュッチュイチャイチャ楽しんだ後、絶対にリピートすることを誓いつつ終電の15分前に慌てて退店。

駅まで走ってなんとか終電で帰ることができました(笑)。

【店名】キャンディーコレクション

【支払った料金】10800円

 

最後に

以上、東京のセクキャバを1日かけて5店舗回ってきた体験談をご紹介しました。

14人のおっぱいを揉みに揉んでみたわけですが、改めて、

おっぱいへの欲望は尽きることがない

ということが良く分かりました(笑)。

ただ、やっぱり自分の場合は「抜き」がないと満足感が低いので、今後もセクキャバをメインで利用することはない気がします。

以下、セクキャバ巡りの感想・まとめです。

まとめ

セクキャバはランキングがないため可愛い子を見つけるのが難しい。何度かフリーで入って好みの子を見つけて指名する流れ。

おっぱいだけを揉み続けても達成感・満足感は薄い。抜きたいならセクキャバ⇒ピンサロ・デリヘルのハシゴが良。

お酒のおねだりや延長交渉が面倒くさい。全くタイプじゃない子からおねだりされたときは特に。

お金遣いが荒くお金に困っている子が多い。数十万単位の買い物をポンポンしてる場合も。

キャバクラと比較して店外デートのチャンスは高め。「パパになって」「雇って」と何度か言われた。

埼玉・千葉・横浜住まいの嬢が多い。聞いた嬢の中に東京は一人もいなかったのでそう答えるルールがあるかも?

おっぱいを揉みたくなったときは、ぜひセクキャバに行ってみてください。

次回はメンズエステ巡りをしてみたいと思います(笑)。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
Top