東京の人気「オナクラ店」を1日5つ回ってみた!都内の手コキ風俗ハシゴ体験談

矢口
チンコが消し炭になりました

 

1日最高何回オナニーしたことありますか?

矢口は大学時代の7回が最高です(笑)。

友達も彼女もいなかったので、家にこもって1日の大半をエロ動画収集に費やしていました^^;

そんなオナニーライフだけは充実していた私ですが、

オナニーなら1日何回でもできんじゃね?

とふと感じたわけです。

確かに、セックスは体力・精力があり余っている状態、かつ、体の相性の良い女の子という条件が揃わない限り、複数回はこなせません。

前回のピンサロ巡りでも経験がありますが、フェラで複数回抜くのもかなり辛いものがあります。

しかし、オナニーならいけるはず…!

そう感じた矢口が『オナニーをするため』に東京中を駆け回ってきました。

というわけで今回は、

東京都内のオナクラ店を1日かけて5店舗巡ってきた体験談

をご紹介します。

「オナクラ店ってどんなところ?」「手コキって気持ちいいの?」「東京のおすすめのオナクラ店はどこ?」

その疑問、プロのオナニスト矢口にお任せください!

⇒東京「ピンサロ」めぐりはコチラ

⇒東京「セクキャバ」めぐりはコチラ

⇒東京「メンズエステ」めぐりはコチラ

 

目次

オナクラとは?手コキしてもらいに「オナクラ」へ行こう

そもそも「オナクラ」って行ったことありますか?

矢口は今回が初体験です。

オナクラとは、正式名称を「オナニークラブ」といい、

『女の子に見られながらオナニーをする』

サービス形態のお店としてスタートしたそうです。

女の子は服を脱いだりエロいパフォーマンスをすることなく、服を着たまま客のオナニーをただ見るだけ…。

つまり、女性をオカズにオナニーするというより、女性から見られていることを興奮材料にオナニーするという『M属性向け』のお店なのです。

当初は、ただ見られながらオナニーするだけだったオナクラですが、その後、『オプション』として手コキや相互オナニー、言葉責め、足コキなど、さまざまなサービスが追加されていくようになり、現在では、オプションの手コキが代表的なサービスとなっています。

そのため、

「オナクラ=手コキ風俗」

というイメージがありますが、あくまで手コキはオナクラの中のオプションの一つという扱いのようです。

 

東京の有名オナクラ街は「新宿・新橋・池袋・渋谷・五反田・神田・錦糸町」

そんなオナクラですが、東京は以下の街にお店が密集しています。

有名オナクラ街

新宿・新橋・池袋・渋谷・五反田・神田・錦糸町

最も多いのが、新宿・新橋の約20店舗。

次いで池袋、渋谷、五反田、神田が15店舗前後という状況です。

他にも、秋葉原・上野・錦糸町にも数店舗ですが存在しています。

初心者の方は、とりあえず店舗数の多い新宿・新橋・池袋・渋谷に行けば問題ないでしょう。

 

オナクラ店ハシゴ企画のルール

さて、そんな今回のオナクラ巡りのルールは以下の通り。

ルール

ジャンル:オナクラ

ハシゴ数:5店舗(5発抜く)

軍資金:5万円

時間:夕方18時~翌日の夕方18時の24時間

回り方:池袋⇒秋葉原⇒新橋⇒渋谷⇒新宿

前回のピンサロ巡りと同様、「夕方18時~翌日18時」の24時間を1日として回りたいと思います。

そしていつもの通り、オナクラで抜きながら山手線を一周していきます。

1日目は池袋からスタートして新橋まで回って個室ビデオ店で宿泊、翌日のお昼に渋谷から再スタートして新宿をゴールにしたいと思います。

正直、ピンサロと違って「口」ではなく「手」で抜くわけなので、24時間といわず案外6時間くらいでこなせるんじゃないかって気もします(笑)。

 

オナクラ1店舗目「池袋」へ突撃

ではいつものごとく、東京オナクラめぐりスタートです!

まずはピンサロ、セクキャバ、リフレと何でも揃う風俗店のデパート「池袋」から…(笑)!

【関連記事】池袋の人気ピンサロ店5つを回ってきた!おすすめランカー嬢の指名体験談

池袋の人気・おすすめのオナクラ店は?

池袋はネタになりそうなお店がとても多く、非常に悩みました…!

池袋の人気オナクラ店は以下の通り。

池袋人気オナクラ

キスMY学園☆先生あのね…

ピュアスイート

ニュークリスタル

バージン

ときめき乙女ロード

ママの手ほどき

女の子とのディープキスを売りにした「キスMY学園」、女子大生ばかり揃えた「ピュアスイート」、珍しい店舗型オナクラの「ニュークリスタル」、男性経験なしor風俗経験なしの子を揃えた「バージン」「ときめき乙女ロード」、熟女オナクラの「ママの手ほどき」…。

もう池袋だけで5店舗まわりたい!

と思えるほどのラインナップです(笑)。

また、オナクラというライトなジャンルだからこそ許されるのか、「処女」を売りにしたお店も複数存在しています。

これはもう処女の皮をかぶったビッチ 女の子たちがどのような演技をするのか、非常に興味をそそられるところです(笑)。

(そういえば、同じ池袋に「JKヴァージン」というリフレ店がオープンしましたが、行った人がいればぜひ感想を聞かせてほしいですw)

 

珍しいディープキス専門のオナクラ店!?「池袋 キスMY学園」を体験

そんな中で私が選んだお店は「キスMY学園☆先生あのね…」です。

このお店はその名の通り、

「ディープキス専門の手コキ店」

なのです。

そんな「キスMY学園」は主に以下の3コースが用意されています。

■1年生コース:女の子にオナニーを見てもらう(3000円~)

■2年生コース:女の子に手コキしてもらう(4500円~)

■3年生コース:女の子とディープキスできる(7000円~)※手コキはオプション

この中で99%のお客さんは「3年生コース」を選択するのだそうです。

やはりキスが売りなお店だけあって、集まるお客さんも皆キス目当てなのでしょう。

ただ、2年生コースを使えば25分4500円で手コキしてもらえるのに、3年生コースを選ぶと30分7000円+手コキオプション代2000円=9000円も支払わないと抜いてもらえないのは随分割高な気もします^^;

しかし、「キスMY」に行ってキスしないのは、ピンサロに行ってフェラしてもらわないようなものな気もするので、キスありの「3年生コース」を選択(笑)。

お昼過ぎに電話をかけ18時に予約を取ることができました。

女の子は「指名ランキング」上位の20歳の子を指名。

ちなみに、初回利用時は「初回割」が利いて1000円引きになるので、忘れないように申告しましょう。

「キス実習3年生コース」で唇がヒリヒリするほどの濃厚DK

そしていよいよオナクラめぐり開始時刻の18時…。

今回選んだホテルはピンサロ「ぷりまじ」近くにある「ショコラ」です。

料金は60分2000円。値段の割に室内は小奇麗です。

ホテルに入ってから再び電話をかけ部屋番号を伝えます。

ドキドキしながら10分ほど待っていると、私服姿の女子大生がやって来ました。

「仲里依紗」にやや雰囲気が似ています。

池袋が大好きで、普段から乙女ロードやサンシャインでよく遊んでいるんだとか。

渡されたオプション表を眺めてみると、

「(お客さんの)顔面舐め」「ゼリー口移し」「つば口移し」

といった高度なプレイの数々が…。

「これは頼む人いないでしょ?」と聞くと、「意外と多いよ~w」というまさかの回答。

さすがオナクラに通う殿方はレベルが高いようです(笑)。

ただ、いきなりアブノーマルなプレイに挑む勇気はなかったため、通常の「手コキ」と「服の上からおっぱい揉み揉み」を選択。

「30分7000円+手コキ2000円+おっぱい2000円+指名料2000円-割引1000円=12000円」をお支払い。

あれ?DKされながら手でシコられるだけで12000円って高くね??

と改めて感じる私の気持ちをよそに、女の子が覆いかぶさってきて濃厚なキス開始…。

ちなみに、プレイ前はシャワーは浴びず、イソジンでうがいのみを済ませます。

唇をハムハムされたり、甘噛みされたり、吸われたり、さすがキス専門店の女の子だけあってキスが上手です。

緩急付けたレパートリー豊富なキス技の連続に、下半身が徐々に反応していきます。

10分ほどして、

「じゃあ下脱いでください。あ、パンツは履いててくださいね」

と言われて、ズボンだけ脱ぎ脱ぎします。

パンツの上からスリスリされながら、再度キス地獄…(笑)。

完全に勃起したところでパンツを脱いで、ローションを使った手コキへ。

その間もずっとキスは続きます(笑)。

結局、フィニッシュを迎えるまでの20分弱ず~っとディープキス…!

最後はおっぱいを揉み揉みしながら、彼女の手にぶっかける形でイキました。

終わった後は、シャワーを浴びて部屋の中でバイバイ。

そして今回、キス専門オナクラを体験して分かったことは2つ。

「キスのし過ぎで唇がヒリヒリする」

「正直、キスだけだと途中で飽きる」

キスは人並み以上には好きなつもりでいた私ですが、20分程度のキスで「もうお腹いっぱい」と感じたということは、言うほどキスが好きではなかったのかもしれません^^;

どうしても「ベッドの上でのキス=前戯」という感覚があるため、

もうそろそろ次のフェーズに移ってもよくね?

という気持ちが沸き出てくるのです(笑)。

なんだかピンサロ以上のお金を払って『縛りプレイ』している感覚でした(笑)。

ただ、これほど長時間のディープキスに対応してくれるお店は他にないと思うので、「我こそはキス好きだ!」という人はぜひ行ってみてください。リップクリーム持参で(笑)。

【店舗名】キスMY学園

【支払った金額】12000円

 

オナクラ2店舗目「秋葉原」へ突撃

続いて訪れたのは、約1年ぶりとなる「秋葉原」。

池袋から電車で20分の距離です。

見学リフレ店が流行っていた頃はよく足を運んでいたのですが、最近はすっかり行く機会が減ってしまいました。

また近いうちに、リフレ店やお散歩店の動向を探ってみたいですね。

秋葉原の人気・おすすめのオナクラ店は?

秋葉原にはオナクラ店が5つしかありません。

ただ、隣駅の神田を含めると15以上のオナクラ店が存在しています。

秋葉原・神田のオナクラ店は以下の通り。

秋葉原人気オナクラ

アキバ神社

かりんと

添い寝女子

痴女りーな

手コキ家デビるん

1919(イクイク)ハンド

池袋に続いて、オナクラ店はどうしてこうも魅力的な店名ばかりなのでしょうか…(笑)!

ピンサロやセクキャバにこういった店名が少ないことを考えると、オナクラにはそういった独自の文化があるのかもしれません。

また、「かりんと」といえば赤坂店の『手コキカラオケ』(90点以上でコース料金無料)が有名で悩みましたが、私自身音痴で素の状態でも90点を取れたことがないので今回は除外しました^^;

 

巫女さんに亀頭を祈祷してもらう!「秋葉原 アキバ神社」を体験

そんな秋葉原で選んだのは、巫女専門オナクラの「アキバ神社」。

Twitterをやっている人たちのあいだでは有名だと思います。

Twitterアカウントを持っているお店の子が多く、私も個人的に巨乳の「わかさん」「りこさん」あたりを監視 フォローしています(笑)。

ただずっと「アキバ神社=リフレ店」だと思っていたのですが、今回の企画で初めてアキバ神社がオナクラ店だと知りました。

つまり、手コキが「裏」ではなく「表」のオプションで対応してもらえるということですね(笑)。

20時過ぎに秋葉原駅に到着し、指定されていた「昭和通り口」から電話。

「アキバ神社」も初回のお客さんには割引サービスがあり、「はじめまして割」を利用することでオプション代3000円分が無料になります。

フリー40分で入ることを伝えると、

「空いているホテルを探しますので少々お待ちください」

と言われた後、すぐに折り返し電話がかかってきて歩いて1分の「ホテルニュータウン秋葉原」を案内されました。

乱れる巫女服に大興奮!巫女さんに授乳手コキしてもらう

ホテルに入って部屋番号を伝えると、10分ほどして女の子がやってきました。

清楚系な雰囲気をした20歳の専門学校生です。

ホテルの階段でセーラー服姿の女の子とすれ違ったので、もしかしたら巫女服で来るのではと少し期待していましたが、普通に私服姿でした(笑)。

軽く世間話を交わした後、手渡されたオプション表の中から、「手コキ」「生乳もみ&吸い」を選択。

なんか生乳揉み・吸いって表現エロいですね(笑)。

「40分8000円+手コキ2000円+生乳3000円-割引3000円=10000円」をお支払い。

オナクラはオプションを付けると1万円超えがデフォのようです。

プレイ前に私がシャワーを浴び、そのあいだに女の子が巫女服に着替えるという流れだそう。

さっそく巫女服に着替え終えた女の子とイチャイチャ開始。

押し倒して巫女服の紐をほどき、キスしながらDカップの張りのある「生乳もみ&吸い」を堪能させてもらいました(笑)。

巫女服でのプレイは初めてでしたが、巫女服のお店がもっと増えてもいいんじゃないかってくらい良かったです。もっと作ってください。

ただ興奮はしつつも、2時間では十分に補充し切れていなかったのか、チンピクは一切せず…。

15分ほど経って、彼女の手を下半身へ導き手コキに移行。

ただ、オナクラ店で働きながらも手コキに慣れていないのか、サワサワ優しく撫でるだけでまったく気持ちよくありません…^^;

ただでさえ2店舗目でイケるか怪しいのに、急に不安になってきました。

普通のエッチであれば、手コキが微妙ならフェラ、素股、パイズリ、本番と他の選択肢が複数ありますが、今回は手コキ「縛り」です…!

途中から授乳手コキの形に切り替え、シコシコしてもらってようやく元気な姿に…。

頭の中に「延長」の二文字が浮かぶ中、彼女の手を上から握るようにしてシゴいて、タイマーが鳴る直前にかろうじてフィニッシュすることできました。

パンツを履く際、亀頭部分を中心にジンジンと軽い痛みが…。

オナニーであれば2発くらい余裕なことを考えると、自分でするのと人にしてもらうのとではチンコへの負荷がやはり違うようです^^;

【店舗名】アキバ神社

【支払った金額】10000円

 

オナクラ3店舗目「新橋」へ突撃

1日目ラストはサラリーマンの街「新橋」。

秋葉原から電車で4駅隣です。

ピンサロのときもそうでしたが、風俗店3店舗目ともなると、

「なんで俺は望んでもない風俗店に行こうとしてるんだろう」「これは誰のためなんだろう」「何の意味があるんだろう」

と電車の窓ガラスに映った自分を見つめながら、自問自答することになります(笑)。

そんな賢者タイム真っ只中の状態で、電車は静かに新橋駅に到着しました。

新橋の人気・おすすめのオナクラ店は?

新橋で人気のオナクラ店は以下の通り。

新橋人気オナクラ

世界のあんぷり亭

新橋JKプレイ

ぽっちゃりハム

手コキコンシェルジュ

お散歩テコキナーゼ

こちらも魅力的な店名が並びます。

特に「手コキコンシェルジュ」「お散歩テコキナーゼ」とかセンスが飛び抜けてますね(笑)。

「ぽっちゃりハム」は十中八九「ぽっちゃり専門オナクラ」でしょうが、もうぽっちゃりネタはお腹いっぱいなので今回は選択肢から外しました^^;

 

都内の大型&激安オナクラグループ「新橋 世界のあんぷり亭」を体験

そんな新橋で選んだのは「世界のあんぷり亭」です。

「あんぷり亭」は新宿に総本店があり、新橋、錦糸町、鶯谷、目黒、立川、日暮里などにもお店を出している激安チェーン店です。

このお店、なんと手コキ「最安2000円」から利用することができます。

たった2000円で女の子から抜いてもらえるって、冷静に考えるとスゴイですね。

まぁ私は2000円で女の子に手で抜いてもらうことを考えたら、1000円支払って個室ビデオに行って「宇都宮しをん」や「ティア」のDVDで抜くことを選びますが^^;

また、「あんぷり亭」は女の子が「通常(指名料500円)」「プレミアガール(指名料1000円)」「プラチナガール(指名料2000円)」の3つのレベルに分けられています。

ただ在籍嬢のページを見てもらうと分かりますが、大半の子がプレミアガールに分類されています。

今回は、その中でもプレミアガールのFカップ巨乳の女性(25歳)を22時に指名。

「あんぷり亭」は、通常の「手コキ・オナクラコース」に加えて「痴漢&服にぶっかけコース」が存在しています。ただ今回はあくまでオナクラ体験のため、痴漢系のプレイはイメクラ回に譲りたいと思います。

【関連記事】「東京の人気「イメクラ店」を1日3つ回ってみた!都内のおすすめイメクラ体験談

サービス満点嬢の焦らし手コキプレイにより愚息が消し炭に

「あんぷり亭」も受付がないため、指定場所(西口のローストビーフ油そば前)まで行って電話をかけます。

電話すると、この日は平日にも関わらず近辺のレンタルルームが混み合っているらしく、5分ほど歩いた場所にある「レンタルルーム コスモス」に案内されました。

本日初のレンタルルームです。

女の子に聞いたところ、新橋のレンタルルームはこれでも比較的広いらしく、新宿になるとベッドがギリギリ置けるだけのスペースのところもあると話していました。

レンタルルーム代1000円を支払って室内へ、電話で部屋番号を伝えます。

3分ほどしてドアをノックしたのは、ブルゾンちえみをずっと美人にした感じの巨乳女性。

「最近、チン毛を全部剃ってみた」という話をすると、「チン毛の濃いお客さんは蒸れてそうで苦手だから良いと思う」とお墨付きをもらったので、今後定期的にパイパンにしていこうと思います(笑)。

オプション表には、

「パンツじらし脱がし」「チンチン踏み攻撃」「歯ブラシ持ち帰り」「息ふきかけ」「あえぎ声」「排便見学」「おしっこ持ち帰り」

など、変態すぎるプレイの数々~それにお金取るの?というものまで…。

人気オプションを聞いてみたところ、

「服の上からパイもみ」「(お客様の)乳首なめ」

が人気だそう。

おっぱいは悩みましたが、もう精力が枯れ果てていて、Fカップを目前にしつつも触りたいという欲求が一切沸かなかったので「乳首なめ」のみを選択。

「30分3000円+指名料1000円+乳首500円=4500円」をお支払い。

最初の2店舗の半分以下の料金とは、さすが激安店ですね。

ここも池袋の「キスMY」と同じく、シャワーは終わった後に浴びる方式で、お金を支払った後すぐにプレイ開始です。

今回は乳首責めも加わっているため、私だけ全裸になります。

性癖ジャンルの一つとして、「CFNM(クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル)」というものがありますが、私はどちらかというと恥ずかしさの方が勝ってしまって興奮要素はゼロでした(笑)。

※CFNM とは=女性が服を着て男性が裸という不自然さ・アンバランスさに性的興奮を覚える性的倒錯のことで、AVでも人気のジャンルです。

プレイ開始から10分ほど、下ネタを中心に会話しつつ体をまさぐられていきます。

さすが風俗歴が長いだけあって、雰囲気作りやテクニックが上手く安心して任せられます。

こういう心も体も委ねられる感じは、JKやJDなど若い子にはないので新鮮さを感じますね。

その後、乳首を舐められながらローション手コキに移行。

正直、気持ちよさ以上に苦しさの方が強く、自然と下半身に力が入ります。

するとそれが気持ち良さを我慢していると勘違いされたのか、さらに手コキは激しさを増していきます。

熱を帯びるチンコに、お尻をウネウネ動かしながら耐え続けたところ、ようやく希望の射精感が…。

「ようやくこの苦しみから解放される…!」と思い、

「そろそろイキそう…!」

と伝えると、急にペースダウン。

「まだ残り5分あるからイカせないよ~♡」

なんて小悪魔っぽく笑うじゃないですか。

いや今そういうのいいから(笑)!

焦らしプレイで時間いっぱい楽しませてくれるサービス精神は嬉しいのですが、今はマジでイカせて…!

その後2回ほど寸止めを食らった後、制限時間1分前にようやく射精することができました。

焦らしに焦らされたせいか、3発目にも関わらず1発目と同じくらいの量が出ました(笑)。

燃え尽きたチンコが真っ白に見えるのは、精液が垂れているからだけではない気がします^^;

スタート時点ではフェラより手コキの方が楽だろうと考えていましたが、手コキはローションを使うとはいえ、亀頭部分を直接手でシゴくためフェラ以上にハードでした…。

【店舗名】あんぷり亭

【支払った金額】4500円

 

宿泊「新橋 個室ビデオ金太郎」

チンコが消し炭と化したところで、この日は終了。

翌日12時スタートに備えて個室ビデオで休息を取ります。

久しぶりに入る個室ビデオに本来なら上がるテンションも、この日は上がりようもなく…(笑)。

【関連記事】個室ビデオ店初体験談!金太郎・宝島を1日で3店舗回ってみた

とりあえず中村静香のDVD(しずかの季節)を借りて、中村静香の女神のような笑顔に癒されながら眠りにつきました。

ちなみに少し前話題になったあの人のAVも(早送りで)見てみました。

また明日頑張ります。

おやすみなさい…。

 

オナクラ4店舗目「渋谷」へ突撃

おはようございます。

お昼12時を回り、「渋谷」に到着しました。

18時までに残り2店舗回ればミッションクリアです。

チンコの具合ですが、中村静香を見て勃起できるくらいには復活しました(坂口杏里では無理でしたw)。

さっそく渋谷店を回っていきましょう!

渋谷の人気・おすすめのオナクラ店は?

渋谷で人気のオナクラ店は以下の通り。

渋谷人気オナクラ

ミルキーラテ

添い寝女子

大人の幼稚園

ヌキてぇやつら

ラ・テコキーユ

この中では「添い寝女子」と「大人の幼稚園」で迷いました。

ただ、「添い寝手コキ」はアキバ神社ですでに体験済みなことを思い出し、「授乳手コキ」が売りの「大人の幼稚園」は30~40代女性が在籍すると知ってやめることに^^;

「ヌキてぇやつら」の元ネタって、今の若い世代にどれくらい通用するんでしょうか(笑)。

その他「ピース」「チック」「ミルク」「ハートショコラ」など、ありがちな店名が多いのも渋谷っぽいですね。

貴重な店舗型オナクラ「渋谷 ミルキーラテ」を体験

そんな渋谷で選んだお店は「ミルキーラテ」です。

ここはオナクラにしては珍しい『店舗型』になっています。

お店に行ってみて気が付きましたが、前回行ったホテヘル「スマイル」のすぐ近くでした。

「ミルキーラテ」は、以下4つのコースが用意されています。

■オナクラコース(20分2500円~)

■手コキコース(20分3500円~)

■生バストタッチコース(20分5000円~)

■ゴムフェラコース(20分7000円~)

「オナクラコース」は完全に女の子にオナニーを見てもらうだけ、「生バストコース」はトップレスの女の子のおっぱいを触りながら手コキしてもらうコースです。

フェラがありつつもゴムありだったり、バストタッチはありつつもペロペロはできなかったりするところがオナクラ店っぽいですね。

この中で「生バストタッチコース」の30分を選択。

HPには入会金1000円と書かれていますが、入会金等は特になく30分7000円でした。

平日のお昼過ぎでも40代ほどのお客さんが2人待合室で待っていました。

10分ほど待ったところで番号を呼ばれてドアの向こうへ。

美乳大学生のローション手コキで自分の服にぶっかける結果にwww

ドアのすぐ向こうで女の子が待っていて、廊下を渡って個室に案内されました。

20歳の大学生だったわけですが、彼女を見て最初に感じたのが「若いな…」だったので、最近自分の中で『老い』が徐々に進行しているのかもしれません(笑)。

あどけない笑顔の女子大生に連れられたのは、レンタルルームのような簡易ベッドとシャワーの付いた部屋。

ここもシャワーはプレイ後に浴びるスタイルで、すぐにズボンを脱いでサービス開始です。

今回は「生バストタッチコース」のため、女の子は上半身裸になっておっぱいをポロリしてくれます。

脱ぐとDカップの形の良い釣り鐘型のおっぱいでした。

おっぱいを揉みんちょ揉みんちょしながら、ローションを使った手コキでシコシコしてもらったところ、昨日の苦痛が嘘のような気持ち良さ(笑)。

キスもおっぱいペロペロもできないため、ただただ受け身の状態でその快感に身を任せます。

しかし、手コキしながら女の子がコチラの顔をずっと見てくるため、妙に照れます(笑)。

その照れ隠しで「何学部?」とか「普段お客さんは何人くらい入るの?」とかあれこれ聞いていたのですが、これ男女逆に考えたら手マンやクンニをしているときに女の子から「好きな食べ物は何?」とか「血液型は何型?」とか聞かれるようなもので超絶ウザいですね(笑)。

でも、こういうとき(無言で顔を見られながらシコシコされたとき)どんな顔すればいいかわからないの(>_<)

また、オナクラ本来のサービスである、女の子に見られながらオナニーする「オナクラコース」を選ぶお客さんの割合を聞いてみると、大半が手コキ以上のコースを選んでほとんどいないという話でした。

その後、5分ほどシコシコ手コキしてもらいます。

ただ、気持ち良いには気持ち良いものの、どうも違う…。

やっぱり自慰時のチンコのしごき方の「癖」みたいなものがあって、それが微妙に違うとイケないようです^^;

「このままイケないシゴき方を続けてもらうのも悪いな」と思い、「ココをこうしてもらってもいい?」とお願いしてシゴき方を変えてもらうことに(具体的には皮オナニーから皮を剥いた状態でのオナニーに)。

するとすぐに射精感がやってきて数分でイクことができました。

8時間寝て精力がチャージされたためか、胸のところまでまくっていた服にまで飛びました(笑)。

手コキの気持ち良いやり方がそれぞれ違う以上、自分の気持ち良いシゴき方を女の子にしっかり伝えるのがベスト!

…ということをオナクラ4店舗目にしてようやく悟りました(笑)。

【店舗名】ミルキーラテ

【支払った金額】7000円

 

オナクラ5店舗目「新宿」へ突撃

ようやくラスト「新宿」です。

これが終わったらもう1週間はオナニーをすることはないでしょう(笑)。

最終決戦の場、歌舞伎町へ向かいます。

新宿の人気・おすすめのオナクラ店は?

新宿で人気のオナクラ店は以下の通り。

新宿人気オナクラ

アイビーム

写生教室

パイパイ☆マミー

新宿オナクラ学院

ヌキゼリヤ

あんぷり亭

ママと幼児プレイや母乳プレイが楽しめる「パイパイ☆マミー」、オナクラ本来のサービスに特化した女の子に見られながらオナニーするだけの「新宿オナクラ学園」など、コアなお店が揃っています。

 

ハイレベルな手コキ嬢の集う「新宿 アイビーム」を体験

そんな新宿で選んだのは、ハイクラスな女の子を揃えたオナクラ店「アイビーム」。

頑張って5店舗回った自分へのご褒美です…(笑)!

HP上に指定されている通り、歌舞伎町のホテルバリアン近くの薬局「サン薬品」前から電話をかけます。

「アイビームです。会員番号をお願いします」

「初めて」であることを伝えると、近くのマンションの一室まで来るよう案内されました。

インターホンを鳴らすと中から50代くらいの男性店員が出てきて、室内でお店の利用方法について簡単な説明を受けます。

選ぶ女の子ですが、受付でPCの画面上に女の子の写真を見せてもらえ、無料で指名することができるようです。

ただこのとき「オマカセ(フリー)」を選択すると2000円割引になると言うので、フリーを選択。

(平日の17時前でしたが、出勤している女の子は2人だけでした)

また受付の最後に、次回の指名用にと女の子一覧ページを見せてもらえました。

プロのカメラマンに撮ってもらっているというのもあるのでしょうが、どの子も女子大生やアナウンサーのような清楚な雰囲気があって、前回の高級デートクラブでの体験を思い出しました(笑)。

写真加工についてですが、絶妙なリアル感のある女の子も混じっていたため、信頼性は高いと思います。

まぁこの中から来るのであれば、明確なハズレはないでしょう。

その後、近辺のレンタルルームまでの地図を受け取り、3分ほど歩いて指定されたレンタルルーム「LOVE2」へ。

ちなみに店員さんから聞いた話、ホテルやレンタルルームを指定してくるお店は、ホテル・レンタルルームと業務提携しているんだそうです。

レンタルルームへ到着して、店員から言われた通り「アイビームで予約してます」と伝え、利用料金の1000円をお支払い。

部屋に入って電話で部屋番号を伝えます。

するとものの1分ほどでドアのノックがあり、少しスレた感じの満島ひかり似の女性が登場。

Fカップの巨乳美女が来るも1ミリも触れられない辛さ…!

おそらく20代後半でしょうが、キャバクラでも普通に出てきそうな美人顔です。その上Fカップの巨乳…!

ただ業界が長いのか、そもそもそういう性格なのか、一定の距離を置いて話してくる感じ^^;

あまり世間話も盛り上がらなかったので、早々にプレイに入ります(笑)。

手渡されたオプション表を見てみると、

「手で攻撃」「足で攻撃」「つばたらし」「ちん体測定」「ちん評会」

などがチンコをバナナに例えて写真付きで解説されています。

ちなみに「手で攻撃」は手コキのこと、「足で攻撃」は踏みつけのことだそうです。

その他のチンコのサイズを測ったりスケッチされたりといったネタオプションも複数ありますが、大体のお客さんが手コキを選ぶそうです(笑)。

ちなみに、「アイビーム」は女の子に触るオプションは一切ありません。

私も「手で攻撃」を選択し、

「30分7000円+入会金1000円-2000円割引+手コキ1500円=7500円」をお支払い。

「じゃあ始めますね」

と言って、お互い簡易ベッドに腰かけた状態で服の上から乳首をサワサワしてきます。

サワサワされるよりその巨乳をサワサワしたい!と感じますが、それができないのがオナクラ店の辛さです(笑)。

(巨乳という武器を持ちながら巨乳を活かせないお店で働くのは損失な気もしますが)

その後、パンツを脱いでベッドに寝転がり、女の子の左手で乳首、右手でチンコを責められていきます。

ここでも渋谷の「ミルキーラテ」同様、目を合わせた状態でシコシコしてきます。

オナクラ店ってこのスタイルがデフォなのでしょうか。

2店舗目ということもあってやや慣れたので、こちらも女の子の顔を見ながら快感に身を任せました。

途中からローションを使ってもらって10分ちょっとでフィニッシュ。

渋谷から4時間ほど時間を置いたため、5店舗目でしたが難なくクリアすることができました。

しかし、気持ち良さ以上に、巨乳を目の前にしながら見ることも触ることもできない辛さの方が大きかったです(笑)。

巨乳を触れないのは「現実」だけで十分なんで、せめてお店でくらいは触らせてください(切実)!!

【店舗名】アイビーム

【支払った金額】7500円

 

最後に

以上、東京のオナクラ店を1日で5つ回った体験談をご紹介しました。

今回の体験で改めて思いましたが、

オナニーは家でするに限る!

ですね(笑)。

手でするだけなら自分でした方が気持ち良いし、せっかく女の子にしてもらえるならキスやフェラや本番がしたい!という気持ちが強いので、今後オナクラ店にハマることはない気がします^^;

以下、オナクラの感想・まとめです。

まとめ

女の子のレベルはピンサロ・セクキャバと同程度

手コキだけなら安いが、オプションを複数付けるとピンサロやセクキャバの値段を超えコスパが悪くなる

女の子によってはシゴき方が下手な子もいるので、その場合はシゴき方をしっかり伝えるのがWin-Win

オナクラ本来の「オナニーを見てもらうだけ」の店舗は少ない

受け身で女の子に「してほしい」ではなく、積極的に「したい」派の肉食系の男性はピンサロやデリヘルの方が楽しめる

最近、いちゃキャバやオナクラなど比較的ライトなジャンルばかり攻めていたので、次回はデリヘルやソープあたりを開拓していこうと思います。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
Top