出会い系サイトで23人と「ハメ撮り」した俺がハメ撮りする方法教えます【画像あり】

近年「リベンジポルノ」が問題化しています。

そんなリベンジポルノが騒がれる時代ですが、出会い系の女の子は簡単に「ハメ撮り」させてくれます。

「撮ってもいい?」

とエッチの最中に聞いてみると、高確率でこう返ってきます。

「顔映さないならいいよ…♡」

その結果、集まった画像・動画は以下の通り…↓

この記事では、出会い系サイトで「ハメ撮り」する方法と注意点を解説します。

出会い系の子との「ハメ撮り画像」を一部紹介します

まずは私のハメ撮りフォルダの中から少しだけ紹介します。

ボカシを入れた上で、顔と性器が入らないよう加工しています。

 

PCMAXで出会った25歳のショップ店員

初めてハメ撮りしたときの写真です。あまりに簡単にOKしてくれて驚きました(笑)。

ハッピーメールで出会った22歳の看護師

私好みの巨乳の子で半年くらいセフレ関係が続きました。

PCMAXで出会った19歳の女子大生

高校時代の制服を着てもらってよくコスプレエッチしました。

YYCで出会った26歳の公務員

エッチが大好きなドMの子で、SMプレイをしたときの写真です。

ハメ撮りしやすい女の子の特徴

では、上記のようなハメ撮りをOKしてくれる女の子たちは、どんな子なのでしょうか?

基本的に私の場合、

「ハメ撮りできそうだな…」

と感じた子にしかお願いしないせいもありますが、80%くらいの確率でOKをもらえています。

ハメ撮りできそうな女の子はホテルに行く前の段階で分かります。

それは、

ホテルに入るのを抵抗しなかった女の子

です。

ホテルにすんなり入ってくれた子の場合、ハメ撮りを提案して仮に一度断られたとしても、

「お願い!」「顔は絶対に映さないから!」「可愛い○○ちゃん見ながら後でオナニーしたいだけだから!」

とお願いすると、かなりの確率でOKをもらえます。

しかしこれが、女の子を説得してホテルに入った場合、少し難しくなります。

すでにホテルに入るというハードルを一つ超えているため、もう一つ目のハードルとなると女の子側にも抵抗が生まれやすくなるのです。

そういう場合は、一度にあれもこれもお願いするのではなく、様子を見ながら2回目以降のエッチでお願いするのがおすすめです。

女の子がすんなりホテルに入ってくれた場合は、勇気を出してハメ撮りを提案してみましょう。

 

出会い系の子にハメ撮りをお願いする方法

出会い系でハメ撮りする方法は主に2つあります。

ハメ撮り方法

「素人」の女の子にお願いする(無料)

「割り切り」の女の子にお願いする(1~5万円)

当然ですが、狙うべきは「素人」の女の子です…!

無料な上に、撮影回数・時間共に無制限ですからね(笑)。

 

割り切りの子に素人AVモデルをお願いするのは割高

私は「素人」の子とのハメ撮り経験しかありませんが、割り切り募集している女の子に、素人AVモデルとして依頼する方法もあります。

ただ、やはり「データが残る」「初対面の相手に撮られるのは抵抗がある」といった理由から、高額の依頼料が必要だったり断られたりと、そう簡単には撮らせてもらえないのが現実です。

下着姿か裸か・顔出しの有無・写真か動画か、で金額は変わってきますが、私の友人が割り切りの女の子にハメ撮り(顔出し)交渉したところ、5万円と高額な料金を提示されたそうです。

ここまで高いのであれば、出会い系ではありませんが、風俗で撮影オプションを使ってハメ撮りした方がまだ安く済ませられると思います。

 

素人の子にハメ撮りをお願いするコツは「直前」に切り出すこと

一方の、素人の女の子とハメ撮りする方法についてです。

ハメ撮りするつもりで女の子のホテルに入ったとしても、ソファやベッドでいちゃいちゃしている段階で、「ハメ撮りしたいんだけどさ…」と切り出すのはNGです。

高確率で「恥ずかしいからダメ」と断られてしまいます。

ハメ撮りを切り出すタイミングとして適切なのは、

ハメ撮りをする直前

です。

つまり、「挿入してエッチしている段階」です。

喘いでいる女の子に対して、エッチしている姿が可愛くて我慢できなくなってしまったという感じで聞いてみます。

その間も腰を振るのを止めてはいけません(笑)。

女の子に考える隙を与えずに、難しがるようなら「顔は撮らないから」「1枚だけだから」と譲歩する形でお願いしていきましょう。

すると高確率で「いいよ」と了承してくれます。

そのために、手元に撮影用のスマホを用意しておく必要があります。エッチを一度中断してスマホを取りに行くと、そのあいだに女の子の気持ちが変わってしまう可能性もありますからね。

撮影を始めると、顔を覆い隠す子もいれば、より激しく乱れる子もいます。

後は気のすむまで画像や動画を撮るだけです。

 

ハメ撮り画像・動画を撮るときのポイント・注意点

以下、私が複数の女の子とハメ撮りして気付いた、ハメ撮りのポイントは以下の通りです。

写真の場合、できるだけたくさんの枚数を撮る

動画の場合、できるだけ長時間撮影する

できるだけ明るい状態で撮る

自分の顔が映らないように撮る

ハメ撮りする際は、画像ならできるだけ多めの枚数を、動画ならできるだけ長回しで撮るようにしましょう。

画像の場合、遠慮して2,3枚しか撮らないと、後で見返したときにブレていたり暗くてよく見えなかったりというケースがよくあります。

ハメ撮り中に画像を確認する余裕はないので、多めに撮影するようにしましょう。

動画の場合は、最低1分以上の長回しで撮るのがおすすめです。

フェラならまだしも、ハメながら1分間撮影し続けるのは結構大変なのですが、ハメ撮り画像・動画は基本的に後でオナニーに使うものなので、そのときに再生時間が短すぎると抜けないので、頑張ってハメ撮りしましょう(笑)。

また、あんまりシャッター音が鳴りすぎると女の子も嫌がるので、スマホであれば「無音カメラ」のアプリを使ってところどころシャッター音が鳴らないようにして撮るのもコツですね。

他には、部屋をできるだけ明るくした方が綺麗に撮れるのは当然として、自分の顔が映らないように撮るというのは、後で見返したときに単純にキモいからです(笑)。

 

23人の女の子をハメ撮りして分かったこと

ここまでハメ撮りについて解説してきましたが、ハメ撮りを繰り返して分かったことがあります。

それは、

「ハメ撮りした画像や動画を見返すことは少ない」「それを見てオナニーするのも2,3回程度」

つまり、「この女の子のエロい様子をカメラに収めて自分のものにしよう…!」と興奮しながら撮影しても、後から見返す機会はそう多くないということです。

それを見てオナニーする機会はさらに少ないです。

実は、ハメ撮りで一番興奮するのは、後で写真や動画を見返すときではなく、

「ハメ撮りしている瞬間」

なのです。

ハメ撮りしているその瞬間が一番興奮するのです。

そのことを考えると、ハメ撮りは後で見てオナニーするためのものではなく、その瞬間のエッチをさらに盛り上げるためのプレイの一種だということができます。

こう考えると、後から見返した写真がブレていても「まぁいいか」と思えます(笑)。

 

ハメ撮りするならセフレが最適!SM・コスプレ・野外

そんなハメ撮りと相性が良いのは、もちろん「セフレ」です。

一度ハメ撮りをOKしてくれたら、それ以降のエッチからはハメ撮りし放題です(まぁ5回くらい撮ったあたりで満足するのですがw)。

SMプレイの写真を撮るのも良いですし、野外や拘束プレイで撮るのも良いでしょう。

個人的に一番のおすすめは、いろんなコスプレ衣装を着てもらってのハメ撮りです。

大学生なら高校時代の制服やスク水、看護師ならナース服、就活生ならリクルートスーツ…。

コスプレは写真映えするので、ハメ撮りする際はぜひ積極的にやってみてください。

 

私の初めてのハメ撮り体験談

最後に、私の初めてのハメ撮り体験を少しだけご紹介します。

私が初めてハメ撮りをしたのは25歳のとき…。

PCMAXで出会ったショップ店員の子を、そのまま自宅にお持ち帰りしてエッチしました。

エッチにかなり積極的な子で、騎乗位の体勢で身体を後ろにそらしながら自ら激しく腰を振ってきます。

そのとき、目の前でFカップのおっぱいがプルンプルン揺れる姿が、まるでAVのようにエロくて、

「写真撮ってもいい?」

と思わず聞いていました(笑)。

すると、彼女は二つ返事でOKしてくれ、すぐさま携帯(当時はまだガラケー)で撮影しました。

それまで風景だったりペットだったり、どうでもいいような写真しか収められていなかった私のカメラフォルダに、エッチ中の女の子の裸の写真が入ったことに非常に興奮したのを覚えています(笑)。

その後、彼女とはセフレ関係になり、エッチの度にハメ撮りさせてもらいました。

 

最後に

以上、今回は出会い系サイトを使ってハメ撮りする方法について解説しました。

出会い系の子の場合、エッチまで持っていくことができれば、かなりの高確率でハメ撮りできます。

大人の出会いの募集の多いPCMAX(R18)などを使って、ぜひ充実したハメ撮りライフを送ってみてください。

【関連記事】「セフレ募集掲示板でセフレを11人作った俺がセフレ作る方法教えます

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

関連記事

ページ上部へ戻る
Top