「援デリ業者」って何?援デリを避けるべき理由と簡単に見分ける3つの方法

援デリ業者」って知ってますか?

出会い系サイトを使い始めると、よく耳にする言葉です。

出会い系特有の言葉なので、出会い系を利用しない人にとってはおそらく耳馴染みのない言葉になると思います。

援デリ業者とは、簡単に言うと、

出会い系を利用してデリヘルの営業をしている業者

のことです。

今回はそんな、

援デリ業者とは何か?

援デリ業者を見分ける方法

についてご紹介します。

⇒キャッシュバッカー対策

⇒出会い系の身バレ対策

⇒サクラ・援デリ業者の見分け方

⇒プロフィール写真の撮り方

出会い系にはびこる「援デリ業者」とは?

援デリとは、

「援助交際デリバリー」

の略で、出会い系サイトを通して女の子を派遣する業者のことです。

デリバリーと名前の付くように、デリヘルとあまり違いはありません。

あるのは、営業許可を取っているか取っていないかの違いのみです。

違法なため業者が表立って出てくることはなく、業者が出会い系サイトで女の子の振りをして客とやり取りを行い、女の子を現場へ派遣するという営業スタイルをとっています。

【関連記事】まだデリヘルで「本番」交渉してるの?風俗より1万円安くヤレる方法教えます

 

援デリ業者を避けるべき理由

では、そんな援デリ業者を避けるべき理由について解説します。

「18歳未満の子が紛れている」「サービス意識がとにかく低い」「性病対策が取られていない」の3つです。

 

①18歳未満の子が紛れている

援デリ業者が最も怖いのは、18歳未満のJCJKを雇っている場合があるということです。

18歳未満の子にお金を払いHした場合、児童買春罪で逮捕されます。

【関連記事】18歳未満の子とHした場合の時効期限は?【援助交際・淫行条例・児童買春】

通常のデリヘルは、警察へ届け出を出し営業許可をもらっているため、18歳未満の子が働いている可能性はほぼ0です。

しかし、届け出を出していない援デリ業者は、営業そのものが違法なため、JCJKを雇うという更なる違法行為にも手を出しやすいという心理面があります。

実際に、JCJKを雇って荒稼ぎしていた業者が逮捕されるという事件が何件も報告されています。

JKとエッチがしたいという場合は、「JKとの出会い方」を参考にして、合法的に出会ってみてください。

 

②サービス意識がとにかく低い

援デリの子と風俗の子の一番の違いは、プロかアマかの違いです。

風俗では、お客さんにリピーターになってもらうこと、指名してもらうことが第一のため、女の子はプロ意識を持ってサービスにあたる子が多いです。

格安の風俗などには、性格に難のある子や愛想が全くない子も大勢いますが、人気のある嬢についてはいずれも高いプロ意識を持っています。

しかし、援デリは継続して客を取るのではなく出会い系サイトを通して単発で客を探すため、サービスを良くしようという考えが女の子に生まれません。

表向きは個人間でHをするという契約のため、明確に決まっているのは料金だけで、Hが終われば20分などの短時間でも帰ってしまう場合もあります。

 

③性病対策が取られていない

そして、1番怖いのがこれです。

風俗では女の子に性病チェックを毎月受けさせるなど、女の子をしっかり管理しているお店が多いですが、援デリ業者は基本的に女の子の性病対策を行っていません。

風俗も援デリも、1日に大人数の相手をするという点で同じですが、性病面で安全なのは圧倒的に店舗型の風俗です。

私の知り合いで援デリの子とHした後、放尿時に違和感が出るようになり、泌尿器科へ行くとクラミジアだと診断されたケースもあるので、出来る限り援デリは避けた方が無難です。

 

援デリ業者を見分ける方法

続いて、援デリ業者を見分ける方法についてご紹介します。

慣れてくると、女の子からのメッセージを見ただけで援デリ業者かどうかの区別が付くようになります。

各サイトごとの見分け方については「ココで見分ける!出会い系の「サクラ・援デリ」の見分け方を6つのサイト別に完全解説」をご覧ください。

 

①「最初だけ」という嘘に騙されない

私が援デリの子に騙されたのが、この「最初だけ」という嘘です。

援デリの子の中には、

金銭的に苦しいので、最初だけお金をお願いしても良いですか?

お金は最初だけで、2回目以降はお金なしで沢山Hを楽しもうね!

と最初だけお金をサポートしてもらって、2回目以降は彼女やセフレの関係を誘ってくるパターンがあります。

典型的な例としてはこんな感じです↓。

過去、業者の存在を知らなかった私は、セフレ関係に持ち込めると、これにコロッと騙されてしまいました。

メールをしている人(業者)と女の子は別のため、待ち合わせに現れた女の子は非常にサバサバしていて、やることをやったらさっさと帰ってしまいます。

あのラブラブなメールのやり取りはどこへやらです。

「最初だけ」と甘いメールを送ってくる相手は、女の子ではなく業者です。

甘い言葉に釣られないよう気を付けてください。

 

②待ち合わせ場所・ホテルを指定させない

続いて、業者の特徴として「待ち合わせ場所・ホテルを指定してくる」というものがあります。

なぜなら、業者は複数の客の元に女の子を(車で)派遣しなければならないため、あまり遠くの場所を指定されると困るためです。

向こうが「五反田で」「池袋で」と指定してきた場合、そこから少し離れた場所を提案してみてください。

もし、頑なに拒んだ場合、業者である可能性が高くなります。

基本的には、ホテルの密集したホテル街を指定してくる場合が大半です。

 

③プロフィールにエロを交えている子は避ける

プロフィールを男ウケの良さそうなエロ満載な文章を書いている子がいますが、その大半は業者です。

H度の自己評価をMAXで設定している子などまず間違ありません。

援デリ業者は、出会い系を営業としてのみ使用しているため、プロフィールを完全な仕事用(勧誘用のHなもの)で設定しています。

あからさまにエロに特化したプロフィールにしている女の子は無視するようにしましょう。

 

まとめ

以上、援デリ業者についてまとめてみました。

援デリ業者に騙されないようご注意ください。

【おすすめ記事】援デリ嬢のサービス意識なさすぎワロタwww20分のエッチで帰られた体験談

 

関連記事

コメント

    • たけ
    • 2018年 3月 14日

    最近の業者の手口。
    先に条件を言わない、聞いても何もないと言う。
    着いてから(お礼はいくら考えていますか?) 
    下北沢待ち合わせで、やられた。
    友人も同じ手口で、やられた。
    払わないと脅してくる。
    俺はアドレスをさらされた。友人は個人情報を教えていたので2万恐喝された。
    先に言わないのは100%業者。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

     

▲新宿ピンサロ「アルファ」▲

ページ上部へ戻る
Top