2020年「新橋」のおすすめセクキャバ店はこの5つ!新橋の人気おっぱぶ体験談

新橋セクキャバ体験談

矢口が新橋のおすすめのセクキャバを紹介します

サラリーマンの聖地「新橋」でおっぱいを揉みに揉んで来ました…!

新橋で最も栄えている風俗といえば「セクキャバ」「いちゃキャバ」です。

以前、新橋のピンサロで遊びましたが、新橋はピンサロなどの抜き系サービスよりも、飲んだ後に二次会として利用できるセクキャバ・いちゃキャバ店の方が人気があります。

今回は「新橋のサラリーマンは仕事終わりにどんなおっぱいを揉んでいるのか…!?」を探るべく、新橋の歓楽街で遊んできました。

というわけで、この記事では、

新橋のおすすめセクキャバ店

を実際に新橋のセクキャバで遊んだ矢口がご紹介します。

新橋のセクキャバの口コミ・評判が気になる方は、行く前にぜひご覧ください。

⇒新宿のおすすめセクキャバ

⇒池袋のおすすめセクキャバ

⇒上野のおすすめセクキャバ

⇒渋谷のおすすめセクキャバ

⇒新橋のおすすめセクキャバ

⇒秋葉原のおすすめセクキャバ

⇒錦糸町のおすすめセクキャバ

⇒赤羽のおすすめセクキャバ

⇒川崎のおすすめセクキャバ

⇒横浜のおすすめセクキャバ

2020年 新橋のおすすめセクキャバはココだ!

新橋駅

新橋はセクキャバと共に、いちゃキャバ店が非常に多く営業しています(というかいちゃキャバ店の方が3倍くらい多くあります)。

新橋はおっぱいを純粋に揉みたいというよりも、ちょっとエッチな女の子のいるお店で同僚たちと飲みたい・仕事終わりに癒されたいという需要が強いのかもしれません。

そんな新橋の人気店舗は以下の通り。

新橋おすすめセクキャバ

ハイスクールbanana(いちゃキャバ)

LOVE LIMIT(いちゃキャバ)

BLONDY(いちゃキャバ)

チェリー新橋(セクキャバ)

タオパイパイ(セクキャバ)

2020年3月更新済

新橋で人気のいちゃキャバといえば「ハイスクールbanana」「LOVE LIMIT」

前者は若い女の子の在籍する学園系パブで、後者はラブステーショングループ運営の人気店舗です。

その他、いちゃキャバは多数あるのですが、変わり種としては新橋初のインターナショナルパブ「BLONDY」。東欧や南米のセクシー美女を揃えた外国人パブです。

そして生のおっぱいを揉みたいという人は、セクキャバ「チェリー新橋」がおすすめです。新宿や池袋で人気のチェリーグループが2019年10月に新橋にオープンしたお店です。

同僚や友人たちとワイワイ楽しみたいという人は、都内に多数ある王様ゲームのできるパブ「タオパイパイ」もあります。

その他、新橋ではいちゃキャバなら「エクセレント」「放課後は課外授業」「エテルナ」、セクキャバなら「ルナマーレ」「新橋J+」「カリエンテ」などが営業しています。

 

新橋いちゃキャバ「ハイスクールbanana」に突撃

新橋いちゃキャバ ハイスクールbanana

というわけで、さっそく新橋のセクキャバを巡っていきましょう…!

1店舗目に回ったのは、制服姿の女の子が在籍する学園系パブ「ハイスクールbanana」。

年中無休で毎日18時からの営業です。

池袋や新宿などの歓楽街は朝や昼から営業するお店も多いのですが、新橋などのセクキャバ店はサラリーマンの仕事が終わるのを待ってからのオープンが多いようです。

 

新橋エリアのぼったくり・キャッチ・客引き事情

新橋駅

平日の夕方、新橋に到着しました。

新橋のセクキャバ・いちゃキャバ街は、汐留口ではなくSL広場のある「日比谷口」方面に広がっています。

平日18時過ぎですでにこれから飲みに行くサラリーマンたちでごった返しています。

そしてすぐに気が付いたのが、「セイフティパトロール」という黄色いゼッケンを来た港区職員の姿。SL広場周辺だけでも6人発見できました。上野でもぼったくり対策に配置された職員の姿を見掛けましたが、新橋でもぼったくり対策に力を入れているようです。

新橋ぼったくり対策

新橋ぼったくり対策

新橋ぼったくり対策

実際、新橋駅周辺に18時~23時まで滞在しましたが、ニュー新橋ビルや新橋西口通り周辺には、居酒屋・ガールズバー・いちゃキャバ・姉キャバ・エステのキャッチ(女の子)が無数に待ち構えています。「お兄さん、おっぱい足りてますか?」と声をかけてくるキャッチもいれば、「ノーブラノーブラノーブラノーブラ…」と呟き続けるキャッチなど、タイプは様々です(笑)。

ただ、区がぼったくり対策に力を入れているためか、そこまでしつこく声をかけてくることはありませんでした。

 

ハイスクールbananaは平日19時で既に満席…!

そして話を戻して、ハイスクールbananaです。

「新橋西口通り」の1本隣の通りにあります。

新橋西口通り

人混みの多い通りに面していることに加え、店頭に制服姿の女の子と黒服店員が立っているのですぐに分かります。新橋エリアで制服姿の女の子が立っているのはハイスクールbananaだけです。

店頭で足を止めるとすぐに黒服が声をかけてきます。

「今なら初回のお客様40分3,000円でご案内できます」

「キス、下半身や生乳のタッチはNGです」

と説明を受け店内へ。

(メルマガに登録すると10分延長の50分3,000円で遊べるそうです)

ドアをくぐると、地下に通じる階段に待機中の女の子がずらっと立ち並んでいました。

銀座や六本木の高級店ならここで「いらっしゃいませ!」と女の子が一斉に頭を下げて迎え入れてくれるのでしょうが、ここは新橋の学園パブ、無言でスマホをいじる女の子を横目に店内へ(笑)。

お店の入る地下1階のフロアは、壁に沿ってL字型にソファを置いたやや狭めの空間。既にスーツ姿のお客さんが5,6人入っています。まだ営業時間から10分しか経っていないのに繁盛しているようです。それにしても、平日の18時からいちゃキャバで制服姿の女の子と飲める会社って、どんだけホワイト企業なんでしょうか(笑)。

女の子は一様にパンツが見えるか見えないかくらいの超短いチェック柄のミニスカートを履き、胸元はブラが覗き見えそうなくらいのはだけた格好をしています。

女の子は本当に可愛い~平均的な子まで揃っていて、ぽっちゃりや微妙な感じの子は在籍していない様子。年齢はどの子も20歳前後で若い子ばかり集まっています。

1時間後の退店時には、女の子とお客さんが電車のシート並みにぎゅうぎゅうに座った満席状態になっていました。

 

ハイスクールbananaで女の子にバナナを「あ~ん♡」してもらう

ソファに座るとすぐに制服姿の女の子がやって来ました。

大学2年のキレイ系な女の子です。

薄めに薄めてもらったウイスキーを飲んでいると、店員がやって来て、

「ぜひ女の子へドリンクをお願いします」

とメニュー表を見せてきました。

「このドリンクのお願いの早さは池袋で経験があるな…」と思っていたら、池袋のいちゃキャバ「はっち∞」の系列店だそうです。

東京いちゃキャバ体験談東京の人気「いちゃキャバ店」を1日3つ回ってみた!都内のおすすめいちゃキャバ体験談

以前は断っていた矢口ですが、ここ最近はブログを書くために「来る者は拒まず、求める者には応じる」精神でいこうと決めているため、快くOKの返事(笑)。

ただ女の子のドリンクは1,500円~2,000円と意外と高めでした。

ハイスクールbananaは、終了時間を教えてくれない自動延長制のため、帰る時間に気を付けてください。女の子は十数分で1回転します。

大学2年生、美容系専門学校1年生、大学4年生と3人の女の子がつき、新橋のおっぱい事情や都内の系列店の話をしました。

ハイスクールbananaは神田に系列の素人専門いちゃキャバを持ち、そこで3ヶ月勤務すると自動的にこちらに移動するシステムなようです。その他、OL専門や生乳OKのお店など、都内に複数の系列店が営業しているようです。

しかし、肝心のおっぱいについてですが、どんなに店内を見渡し続けても、

一人もおっぱいを揉んでいるお客さんがいません…!

女の子の肩に回した手で軽くおっぱいを触るお客さんどころか、そもそも女の子に積極的に触れているお客さん自体あまりいません。

やはりいちゃキャバでがっつくお客さんは少ないようです。

最終的に矢口も、女の子の手を握ったり太ももをサスサスする程度で、おっぱいは一揉みも出来ずに終わってしまいました。

あの明るい照明の下、更にあの人口密度の中で欲望を解放させるのはやはり難しいものがありそうです(笑)。

後半女の子に、

「ハイスクールbananaってなんでバナナなの?」

と聞いてみたところ、

「ちょっとエッチな意味があるからじゃない?あ、そういえばバナナ食べることもできるよ?」

と、まさかのバナナがメニューにあることを教えてもらいました(笑)。

これはブログのネタになると思い注文!値段はうろ覚えなのですが確か1,500円だった気がします。しかし店内でバナナを注文していたのは矢口だけ、さらに女の子もバナナは一度も食べたことがないと話していました。

バナナはチョコとマヨネーズと選べるらしくチョコを注文。

ハイスクールbananaのバナナ

女の子に「あ~ん♡」してもらいながら一緒に食べました(笑)。

まだ晩ご飯を食べる前の空腹状態だったためか、可愛い女の子に食べさせてもらったためか、バナナがやたら美味しく感じました(笑)。

軽く酔っぱらっていたのとバナナをゆっくり食べていたのとで、意外と長居してしまったらしく、女の子3人にドリンクをおごって料金は15,950円でした。帰り際に次回の割引券やポイントカードをもらいました。

ハイスクールbanana ポイントカード

正直、おっぱい目的でいくと不完全燃焼で終わりそうですが、セクシー衣装を着た若い女の子とイチャイチャしながら楽しむことを目的に行くと、満足度は高くなりそうです。

新橋に行った際は、ぜひハイスクールbananaでバナナを食べてみてください(笑)。

店舗情報

【店舗名】ハイスクールbanana

【支払った料金】15,950円

 

新橋セクキャバ「チェリー新橋」に突撃

新橋セクキャバ チェリー新橋

続いて2店舗目は、生乳のお触り&ペロペロができる「チェリー新橋」です…!

新宿や池袋で人気のチェリーグループが、2019年に新橋にも進出したようです。

新橋駅周辺の歓楽街の中心からは少し離れた人通りの少ない場所で営業しています。営業時間は18時からです。

 

いちゃキャバと比べてセクキャバは混みだす時間帯が遅い?

ハイスクールbananaでバナナを食べ終えた後、そのままチェリー新橋へ向かいます。

ニュー新橋ビルや新橋西口通り周辺から少し離れた場所にあり、店頭に黒服はおろか人通りも少ないので一瞬「場所を間違えたかな…?」と思ったほど。

チェリーの看板を見つけ、エレベーターで3階へ。

チェリー新橋のエレベーター

受付で、

「当店または池袋や新宿のグループ店舗で遊んだ経験はございますか?」

と聞かれ、池袋のチェリーで遊んだ経験があることを伝えます。

すると詳細な説明は割愛となり、「パンツの上からならお触り可、自身の下半身を露出させる行為・女の子に触らせる行為・G行為は禁止」と注意事項を伝えられて、「40分6,000円」をお支払い。

後払いでいくらになるか分からないいちゃキャバと比べると、完全前払制のセクキャバは良心的ですね。

受付にあったライターをもらいました↓。

チェリーのライター

案内されたのは、仕切りで囲われた半個室のソファ席。

しかしお客さんは矢口含めて数人しかいませんでした。後で女の子に聞いたところ、もう少し遅くなってくると混んでくるという話だったので、いちゃキャバよりもセクキャバは混みだす時間帯が遅いのかもしれません。

 

「舐めるの上手で濡れてきちゃった♡」「好きになっちゃいそう♡」

すぐに制服姿の女の子がやって来ました。

チェリーグループは女の子は可愛いと評判なのですが、個人的には店内のBGMが大きすぎて女の子と話しづらいため苦手意識があります。新橋のチェリーも同じくBGMの音が大きく、女の子と会話を楽しむというよりは、膝の上に乗ってもらってただただ純粋におっぱいを楽しむお店になります。

1人目は、ルックス高め&美巨乳のサバサバ系の学生。この日揉んだおっぱいの中で一番形の良いおっぱいをしていました。

2人目は、20代半ば~後半の安めぐみに雰囲気の似た癒し系な女性。おっぱいを舐めていると、

「舐めるの上手だね♡」「濡れてきちゃった♡」「こんなに上手いと好きになっちゃいそう♡」「クンニも上手そう♡」

とめちゃくちゃ言葉で盛り上げてくれるタイプの女の子でした。

これまで何度も経験があるので分かりますが、矢口はこの手の言葉で盛り上げながらグイグイ来るタイプの女性とエッチすると100%萎えます(笑)。

気分が盛り上がらなくなるという意味ではなく、彼女の期待に応えなければならないというプレッシャーに負けてまったく勃起しなくなるのです(笑)。

矢口の手を導いて自分のパンツを触るよう促したり、腰をグイグイ動かしてきたりと、かなり積極的なタイプの女の子でした。

ちなみに、矢口はクンニが上手いわけでも好きなわけでもありませんが、クンニで女の子をクリイキさせる方法に興味のある人は以下もご覧ください。

クリイキ方法クンニで女の子を「クリイキ・外イキ」させる方法教えます【オナニー未経験の子でも可】

チェリー新橋の名刺

いちゃキャバの直後にセクキャバに行ったため尚更実感できましたが、単純におっぱいを揉みたいだけならセクキャバに行った方が圧倒的にコスパ良く遊べますね。

チェリーグループが好きな人は、新橋を訪れた際ぜひ遊びに行ってみてください。

店舗情報

【店舗名】チェリー新橋

【支払った料金】6,000円

 

新橋いちゃキャバ「BLONDY(ブロンディ)」に突撃

新橋いちゃキャバ BLONDY

いよいよ新橋ラストは、2018年1月にオープンした外国人美女専門のいちゃキャバ「BLONDY」です。

当初、新橋で人気のいちゃキャバ「LOVE LIMIT」へ行く予定だったのですが、なんとなく他の店舗とネタが被りそうだったので変わり種の「BLONDY」を選択しました。

日曜が定休日で20時から深夜3時まで、ニュー新橋ビルの裏側で営業しています。

 

人生初のボンキュッボンなパツキン美女との出会いに感動

これまでピンサロで南米ハーフの女の子と偶然会ったことはありますが、外国人専門のお店に行くのはこれが初めて。

それもアジア系とか欧米系ではなく、いきなり南米や東欧系ってなかなかハードル高めです(笑)。

BLONDYの入る雑居ビル(ル・グラシエルBLDG.29)のエレベーターに乗って5階へ。

ル・グラシエルBLDG.29

ビル周辺はキャッチが多いのでご注意ください。

日本人の黒服店員に招かれ店内へ。

新橋いちゃキャバ BLONDY

しかし、21時の時点でお客さんは矢口一人だけ。コの字に配置された向かいのソファには、南米・東欧系の女の子たちが8人ほど座って待機しています。

その中には、ダイナマイトバディな金髪女性もいて、

「ボンキュッボンなパツキン美女って本当にいるんだなぁ…」

という感動がありました(笑)

 

1年で何回SEXしたい?毎日したいから365回!1日何回もする日があるからそれ以上!?

ジンジャーエールを飲みながら待っていると、すぐに向かいのソファから金髪のセクシー美女がやって来ました。

ロシアのモスクワ出身で、年齢は23歳だそうです。

座った状態で上を向かないと視線が合わないので、身長を聞くとなんと183センチもあるそう…!

その身長でおっぱいはGカップはあろうかという爆乳具合の持ち主です。

なんだかもう日本人とはサイズ感が違います(笑)。

10歳のときに日本に来たため日本語、さらには英語までペラペラだそうです。

「どこで遊ぶの?」という質問からしてみると「六本木」という回答でした。この後やって来た女の子も六本木と答えていたので、外国人はクラブやバーの集まる六本木で普段遊んでいるのかもしれません。特に、六本木の「サルサクラブ(サルサバー)」にはラテン系の外国人が多く集まっているそうです。

そして話はロシア人のSEXについて。

「彼女ができたらSEXはどれくらいする?」

と聞かれ、

「最初の頃は週に1,2回するけど付き合いが長くなってくると月に1,2回になるかな」

と話すと「信じられない…!」と首を振っていました。

「どれくらいSEXしたい?」

と聞くと、

「もう毎日したい!1年だったら365回!あ、1日何回もする日があるからもっと!今は彼氏いないからもっともっとSEXしたい!」

と熱弁していました(笑)。

よく日本人のSEX回数が世界的に見ると圧倒的に少ないと聞いたことがありますが、彼女の話を聞くと確かに本当に少ないのかもしれません。

ただ女性側は良いにしても、ロシア人男性の方は同じ女性相手に毎晩毎晩、興奮・勃起し続けられるものなんでしょうか。日本はエロ本やAVなど性的欲求を満たすものが溢れているからというのも理由の一つなんでしょうか。
そんなことを考えている間に2人目に交代。

店員がやって来て場内指名の有無を聞かれましたが、別の外国人女性とも話してみたかったので2人目に交代してもらうことに。ちなみにロシア人の爆乳は結局一揉みもできませんでした(笑)。

 

南米は男も女もパイパンがデフォ!アンダーヘアは処理するのが良し

2人目にやって来たのは、25歳のペルー人の女の子。

今度は身長160センチほどの矢口よりも小さい女の子です。

名前は聞いたことがあっても場所までは分からなかったのでGoogleマップでその場で検索。南米のチリの北側に位置する国で、世界遺産のマチュピチュやナスカの地上絵、そしてフジモリ元大統領が有名です(と女の子に教えてもらいましたw)。

「現地の人はマチュピチュ見に行くの?」

と聞くと学校の旅行で見に行ったそう。

それを聞いて、

「え、それって日本の中高生が修学旅行で京都の金閣寺見に行くみたいなもんじゃん…!」

と思ってちょっとテンションが上がりました(笑)。

最後に、

「南米の人は下の毛を剃るの?」

と聞いてみると、男女問わずアンダーヘアは全て剃ってパイパンにするそうです。

矢口も剃っていることを伝えると、珍しがられると共に、

「男も絶対に剃ってた方がいいよ!」

とこちらも熱弁していました(笑)。

矢口が定期的に陰毛を全剃りする理由は、女の子がフェラをするとき舐めやすいようになのですが、外国人はどちらかというと毛が生えている状態を「不潔」と捉えるからのようです。

そんな感じで話しているとあっという間にプレイ時間の50分が終了。

矢口の帰り際にはお客さんも増えて合計8人ほどの人数に。そのお客さんたちも女の子の肩に手を回すくらいで、おっぱいを揉んでいるような人は一人もいませんでした。

また、BLONDYは訪問前に読んだ口コミでも「女の子のドリンク要求が激しい」「断るとサービスが悪くなる」と書かれていた通り、ドリンクのおねだり具合がなかなか強烈です。

2人からそれぞれ1杯どころか2杯ずつおねだりされ、料金は合計「15,000円」でした。

ロシア・ペルー・ブラジル・ルーマニアなどの外国人美女と遊んでみたいという人は、ぜひBLONDYへ行ってみてください。

店舗情報

【店舗名】BLONDY

【支払った料金】15,000円

 

最後に

以上、今回は新橋のセクキャバを巡った体験談をご紹介しました。

今回は久しぶりにセクキャバ・いちゃキャバを1日3店舗回って結構疲れました(笑)。

普段家に引きこもっている人間が、急に1日に8人の女の子と話すと疲れるのも当然です。それも年齢が10個以上も下でさらに今回は国籍も違う子まで含まれていたわけですから(笑)。

やはり以前のいちゃキャバ巡りのときも実感しましたが、セクキャバよりもいちゃキャバの方がお金はかかりますね。

純粋におっぱいを揉みたいだけならドリンクおねだりのないセクキャバに行くのがベストでしょう。

また巡ってほしいセクキャバ街等あれば、コメントで教えてください。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

▼気になるセクキャバはここからチェック▼

東京セクキャバ街東京のセクキャバで迷ったらココ!あなたにオススメのセクシーキャバクラ街を紹介します

この記事が気に入った方は、SNSで拡散・記事へのコメント・自身のブログで紹介をしてもらえるとメチャクチャ嬉しいです(>_<)

コメントを残す