2018年「池袋」のおすすめリフレ店はこの5つ!池袋の人気リフレ体験談

池袋リフレ体験談

矢口が池袋のおすすめのリフレを紹介します

秋葉原と並ぶリフレ街「池袋」。

リフレやメイド喫茶 “しかない” 秋葉原に対し、池袋はリフレ・ピンサロ・セクキャバ・デリヘル・メンズエステと女の子と遊べるお店が何でも揃っています。

そんな夜の女の子たちが集まる街だからこそ、リフレにもハイレベルで可愛い女の子が在籍しています。

リフレ三大聖地の一つ、池袋で一度遊んでみませんか?

この記事では、

池袋のおすすめのリフレ店

をご紹介します。

池袋のリフレに行く前にぜひご覧ください。

 

2018年 池袋のおすすめリフレ店はココだ!

池袋のリフレは店舗型・派遣型共に栄えていますが、秋葉原と比較すると店舗型はやや少なめ。

どちらかというと派遣型リフレが主流です。

池袋には「セントラルホテル」「ショコラ」「24」などのレンタルルーム(ラブホテル)が沢山あるのも理由の一つでしょう。

そんな池袋の人気のリフレは以下の通り。

池袋のおすすめリフレ

 CamCam×GirlsRoom
(ガールズルーム)

 Campu:Re
(キャンパリ・元キャンレボ)

 JKMAX

 あられ

 池袋制服オーディション

上2つが店舗型、下3つが派遣型のリフレになります。

「CamCam×GirlsRoom」「Campu:Re」は池袋の人気の店舗型リフレで、共に東口で営業しています。

派遣リフレの「JKMAX」「あられ」「池袋制服オーディション」は裏オプ対応OKの女の子の多いお店になります。

裏オプとは?
お店の公式メニューにはない裏メニュー。主に手コキ・フェラ・本番などのプレイを指す

 

池袋の人気リフレを体験してみる

JR池袋駅

では、そんな池袋の人気リフレを体験していきましょう…!

リフレ客の中の、

純粋にリフレを楽しみたい層

裏オプでエロいことがしたい層

の両者へ向けて、店舗型と派遣型の両方を回ってみます。

健全店では健全にイチャイチャを楽しみ、裏オプ可能なお店ではしっかり裏オプ交渉をしているのでぜひご覧ください。

※以下、面白いお店を体験次第、追記していく予定です。

 

池袋リフレ「CamCam×GirlsRoom(ガールズルーム)」へ突撃【店舗型】

池袋リフレ「CamCam×GirlsRoom」

まず池袋1店舗目は「CamCam×GirlsRoom」。

店舗型の健全店ですが、2chや爆サイをはじめとした掲示板では「やや緩め」という口コミの多いお店です。

2016年7月に「ガールズルーム」としてオープン。

その後、2016年12月に「CamCam」との合同営業となり、現在は「CamCam×GirlsRoom」という店名で営業しています。

(以下、長いのでガールズルームと表記します)

JR池袋駅東口にある格安ラブホテル「ショコラ」の背後にある雑居ビルで営業しています。

池袋ショコラ

『裏オプションは絶対に許しません』

休日のお昼15時、池袋駅に到着しました。

池袋で「女の子と遊ぼう」と思ったら、ピンサロセクキャバデリヘルメンズエステと何でもあるので、いつも池袋に来るとドキドキワクワクしますね(笑)。

お店のあるハイム東池袋に到着。

ハイム東池袋

ドアをくぐると左手がリフレルーム、右手が受付となっているようです。

受付には、

「裏オプ絶対許しません」

の張り紙が(笑)。

ガールズルーム

受付で店長らしき男性に初めての来店であることを告げると、コースの説明をしてくれました。

コースは「リフレコース」「回転コース」「ガールズコース」の3つ。

初めての人は女の子が3人以上対応する「回転コース」「ガールズコース」がおすすめと言われ、「ガールズコース」を選択。

「ガールズコース」は、

フリー嬢15分+フリー嬢15分+指名嬢30分

の3人の女の子が対応してくれて「60分6,000円」。

次回、1,000オフの割引チケットをもらいました。

料金を支払うと、

「3人目の女の子は今すぐマジックミラー越しに選ぶことが出来ますが、どうしますか?」

と言われ、受付横にあるマジックミラーから小部屋を覗かせてもらいました。

秋葉原のteenのような見学店風の小部屋になっており、制服姿の女の子たちが5人ほどスマホをいじったりお喋りをして過ごしています。

見学店について興味のある方は以下をご覧ください。

見学店体験談東京の人気「見学店」を1日3つ回ってみた!都内のおすすめ見学店の体験談

しかし、一目見ただけでは決められず…(超巨乳嬢とかがいれば即決ですがw)。

2人終わった後に改めて指名させてもらうことにしました。

 

オプションし放題(3,000円)メニューが人気

ブース席は7つ用意されており、それぞれ中には布団が敷かれています。

BGMは大きめで、隣ブースからの物音や話し声はあまり聞こえません。

壁には受付と同じく「裏オプ禁止」の張り紙が…。

これは「するなよ!絶対にするなよ!」という意味合いでしょうか(笑)?

ブース席で待っていると、すぐに女の子が登場。

スラッとした長身の女子大生で、話していて癒されるタイプの女の子です。

15分しかないので、主にお喋りをして過ごしました。

教えてもらった内容は以下の通り。

「オプションし放題(3,000円)」を選ぶ人が大半

3人に1人が裏オプ交渉をしてくる

裏オプしていそうな女の子もいる

多い日は女の子が20人以上いて小部屋に入りきらないときもある

渋谷の「Jewerly(元ぴゅあぽ~と)」が系列

時給ではなく歩合制でオプション代は全額バック

ブース席に備えついたオプション表には「オプションし放題」のメニューは書かれていないのですが、3,000円くらいを支払って「し放題」を選ぶ人が多いそうです。

まぁ「ハグ5秒:1,000円」とか支払ってたら悲しくなってきますからね(篠崎愛や宇都宮しをんとのハグになら余裕で払いますがw)。

気になる裏オプについては、3人に1人くらいが交渉してきて、彼女自身は対応していないそうです。

また、以前勤めていた系列の「Jewerly」では、『女の子同士仲良くしてはいけない』というルールがあったらしく、今のガールズルームは女の子同士仲良くできて楽しいと話していました。

 

巨乳JDとの添い寝ハグを堪能!裏オプを探るもガードはやや固め

タイマーが鳴り2人目の女の子に交代。

次に現れたのはスタイルの良い巨乳嬢。

高校を卒業したばかりの18歳だそうです。

制服の上からでも分かるFカップのおっぱいが魅力的です(笑)。

愛嬌のある女の子で、会話しながら積極的にくっついてきます。

「オプションし放題」が定番メニューと分かったので、さっそくオプションをお願い。

すると、

「残り10分だから2,000円でいいよ?」

と割引してもらえました。

店長にお金を渡しに行った彼女が戻ってきてから、さっそく添い寝開始。

添い寝、腕枕、ハグの順番で密着度を上げ、イチャイチャしていきます。

制服の上からでもおっぱいの柔らかさが胸元に伝わってきます(笑)。

女の子の方からも積極的に脚や腕を絡めてきて、もはやこの密着度はエッチ中のそれです(笑)。

イチャイチャしているとあっという間に15分の終了を知らせるタイマーが。

ここで3人目をマジックミラー越しに選んで指名することができたのですが…。

2人目の女の子が可愛く巨乳で話も楽しくできていたので、引き続き指名することに。

15分良い子に当たった後に、30分微妙な女の子を指名してしまったら絶対後悔するなと踏んで、リスクは犯さないことにしました^^;

そのまま残りの30分、合計45分間彼女と密着イチャイチャして過ごしました。

あいだに、

「裏オプションとかはあるの?」

と訊ねてみると、

「何がしたいの?」

「おっぱいペロペロとかは?」

と言うと、少し悩んだ後に、

「次来てくれたら考える♡」

押したらいけるかなと思い、もう少し押してみましたが、どうもガードは固めの様子。

裏オプションについては、「通えば」「女の子によっては」というところでしょうか。

矢口の場合、デリヘル嬢であれば「オキニ嬢」として5~10回指名した女の子もいますが、リフレ嬢には2回以上入った経験がありません。

なぜならリフレはコスパが悪いから…(笑)!

リフレ嬢に通う場合、何度も通って店外デートに誘い、出会い系の女の子のように「落とす」という方向になるのでしょうか。

(リフレ嬢と交際した経験のある方がいれば教えてくださいw)

ガールズルーム、興味のある人はぜひ行ってみてください。

MEMO

【店舗名】ガールズルーム

【支払った料金】6,000円(+オプション代2,000円)

 

池袋リフレ「Campu:Re(キャンパリ)」へ突撃【店舗型】

池袋リフレCampu:Re

2店舗目は、同じく店舗型リフレの「Campu:Re(キャンパリ)」。

1店舗目の「ガールズルーム」、渋谷の「Jewerly」と同じ系列で、レベルの高い可愛い女の子が揃うと口コミでも話題のお店です。

2016年3月に「キャンレボ」としてオープンし、2017年1月からは「キャンパリ」として営業しています。

同じく東口方面ですが、キャンパリは池袋駅から少し歩いたサンシャイン60通り近くにあります。

 

キャンパリコース8,000円でおすすめリフレ嬢を3人指名する

池袋駅東口

平日の夕方、池袋駅に到着。

サンシャイン60通りを真っすぐ歩き、東急ハンズ手前で右手に曲がります。

ちなみにこの近辺は、池袋でリフレ嬢たちが唯一ビラ配りをしている通りになります。

食べログ3.5のラーメン屋「桑ばら」が1階に入る雑居ビルの4階へ。

桑ばら

見覚えのある場所だなと思ったら、2014年にJKリフレの「ガールフレンド」が入っていた建物でした。

あのとき指名した、元カレの名前の刺青が腕に入ったJKは元気にしているでしょうか(笑)。

キャンレボ

同じフロアに「キャンフリ」という同じくリフレ店が入っていました。

キャンフリ

キャンパリのドアを開けるとすぐ店長の座る受付が。

店長は30~40代くらいの男性。丁寧にコース説明をしてくれます。

Campu:Re(キャンパリ)

コースは「キャンパリコース」「リフレコース」「フリーコース」「観光案内コース」「エステVIPコース」の5つ。

その中で3人女の子を指名できる人気のキャンパリコースを選択。

さらに、+1,000円で少し広めのVIPルームを選択できると聞き、VIPルームにすることに。

「60分8,000円+VIPルーム1,000円=9,000円」

をお支払い。

その後、奥の女の子のいる小部屋をマジックミラー越しに覗いて指名します。

ネット上で人気があるのは「あやせさん」「あゆみさん」「えりんさん」「くみさん」「ひよりさん」あたりの様子。

マジックミラーの中には、制服姿の女の子たちが6人、壁を背にこちらを向いて座っています。

この日出勤している中で、店長におすすめの女の子を聞いてみると、

「ピアノさん」「かすみさん」「なつきさん」

の3人を教えてもらい、その3人をそのまま指名することにしました。

 

リフレ出勤2日目、完全素人ピアノさんの魅力

通されたのは、布団の敷かれたブース席。

TVなどが置かれており、ガールズルームよりはやや広いものの、秋葉原の「みるきーろりっく」にあったVIPルームのような広い部屋ではありません。

BGMは大きめで、隣ブースの話し声が聞こえるようなことはありません。

ジャケットをハンガーにかけていると、1人目のピアノさんが登場。

地方から上京してきた純朴な女子学生風の女の子です。

なんとリフレで働くのはこのお店が初めてで、出勤するのもこれが2回目なんだとか…!

話しぶりや素振りからまだ何をしていいか戸惑っている様子で、リフレに染まっていない感じが見ていて可愛かったです。

天然で素直で純粋で飾り気のないこのタイプ…。

いわゆる「いい子」でそのタイプにめっぽう弱い矢口です(笑)。

店長が「これから絶対に伸びます」と言っていたのも大いに頷けます。

さっそくオプションについて尋ねてみると、ここでも「オプションし放題」が一般的だそう。

本来20分3,000円だそうですが、残り15分だったので2,000円に割り引いてもらえました。

ピアノさんが店長にお金を渡しに行ってから、オプション開始。

添い寝、腕枕、ハグの順番にイチャイチャしていきます。

しかし、ハグの仕方や話し方がリフレ嬢のそれというより、自然体で接してきているためもう完全に『恋人』のそれなのです(笑)。

タイマーが鳴るまで時間いっぱいイチャイチャして過ごさせてもらいました。

 

裏オプションは女の子次第?人気嬢は対応していない印象

その後、「かすみさん」「なつきさん」が順番に登場。

かすみさんは華奢で細身なモデル風美少女、なつきさんはお喋りの上手な小島瑠璃子的な健康的美少女でした。

2人ともマジックミラー越しにもよく選ばれているだろうなという印象。

なつきさんは登場するや否や、ココナッツ風の香りのするハンドクリームを付けた手で手の平のマッサージをしてくれました。

リフレに行ったことのない人は何を言っているのかよく分からないと思いますが、リフレでリフレしてくれる女の子ってかなり珍しいですからね(笑)。

2人に対してもオプションし放題をお願いします。

どうやら女の子によって20分3,000円~5,000円と幅があるようです。

それぞれハグしながら大学の話やJK時代のバイトの話など聞かせてもらいました。

ちなみに、どちらの女の子も裏オプは難しそうな印象でした。

なつきさんについては、お喋りが止まらないのでオプションせずにお喋りだけで終わるパターンも多いと話していました。

帰り際、受付前に3人お客さんが並んでいて繁盛している様子でした。

MEMO

【店舗名】キャンパリ

【支払った料金】9,000円(+オプション代7,000円)

 

池袋リフレ「あられ」へ突撃【派遣型】

池袋セントラルホテル

3店舗目は、池袋リフレの雄「あられ」。

ここから裏オプ交渉あり、アダルト色満点の「派遣型リフレ」のターンです(笑)。

この「あられ」は制服オーディションと同じくグループ拡大に積極的で、

「新宿スター」「池袋キャプテン」「池袋パンキッシュ」「渋谷ジュエリー」「秋葉原ほたる」「千葉あられ」「横浜あられ」「大宮あられ」「立川あられ」

と数々の系列を持つ人気店舗です。

個人的にずっと行ってみたかったお店の一つです。

池袋東口の「セントラルホテル」「24」から呼ぶことが出来ます。

 

あきなさんの指名を諦めて回転コース(フリー嬢+おすすめ嬢)で予約する

池袋駅東口

平日の夕方に池袋駅に到着。

派遣リフレなので店舗や受付はなく、電話して即ホテルになります。

実は、HPを眺めていて見つけたプロフ写真がめちゃくちゃ可愛い「あきなさん」を指名しようと思っていたのですが、なかなか日程が合わず…。

(ちなみに今回体験した女の子2人とも写真の通りの子が来たので、デリヘルのようなパネマジはなく写真の信頼性は高いかと思われます)

仕方がないのでこの日出勤している女の子を眺めてみるも、どの女の子も一定以上の可愛さをキープしているのでフリーで入ることに。

「あられ」は、「通常コース」「回転コース」「ロクヨンコース」の3つがあります。

あえて選びませんでしたが、「ロクヨンコース」とは女の子を2人選んで6:4の確率でどちらかの女の子が派遣されてくるそうです。

セントラルホテル前から電話し、

「回転コース30分×2=7,000円」

で予約。

池袋セントラルホテル

回転コースは1人目の女の子はフリーで、2人目の女の子は指名できるそうですが、

「2人目はおすすめの女の子でお願いします」

と伝えておきました。

電話越しの店員は、これまた丁寧な雰囲気の男性でした。

ちなみに、電話口で名前を聞かれず、

「ホテルに入りましたら再度お電話お願いします」

とだけ言われて電話が切れました。

 

90%のお客さんが裏オプション交渉、大半が「抜き」目当て

セントラルホテルを訪れるのは池袋で「デリヘル」を呼んだとき以来です。

興味のある方は以下をご覧ください。

池袋デリヘル体験談2018年「池袋」のおすすめデリヘルはこの9つ!池袋の人気デリヘル体験談

受付で90分2,800円をお支払い。

部屋には必要最低限のものしかありませんが、秋葉原の「メロディ」を使った後だとやっぱり綺麗に感じますね(笑)。

池袋セントラルホテル

お店に再度電話を入れ、部屋番号を伝えます。

5分ほどで女の子が到着しチャイムを鳴らしてきました。

若い頃のオセロ松嶋尚美をもっと可愛くした感じの女の子です。

秋葉原のリフレのように制服ではなく普通の私服です。

コース料金を支払い、ベッドに腰かけて少し世間話します。

教えてもらった内容をまとめると以下。

お客さんは30~40代。サラリーマンも多い

裏目的のお客さんが8~9割

本番交渉してそれが無理なら「口や手で」というお客さんが多い

時給制ではなく歩合制

人気の女の子は1日10万円以上稼いでいる

女の子はホテル近くの事務所で待機している

やはり「あられ」も裏オプ目的のお客さんが多いようでした。

さらに裏オプの中でも「抜き」を目的に来ている人がほとんどだという情報を聞いてびっくり。

抜きが目的ならピンサロやデリヘルに行った方がずっとコスパが良いと思うのですが、裏オプが出来るか出来ないかの不確実性みたいなものを楽しんでいるのでしょうか。

また、人気嬢だと1日6桁稼ぐ子もいるのだとか。まさしく「モンスターリフレ嬢」ですね。

そして気になる裏オプ交渉ですが、

本番:非対応

フェラ:非対応

手コキ:1万円

と言われ、何もしないという選択肢もあったのですが、せっかく来てもらったので秋葉原リフレのときと同じように「おっぱいペロペロ」をお願いすることに。

交渉した結果、秋葉原の「もんげん!」の女の子と同じ6,000円で対応してもらえることに。

Cカップほどのおっぱいを時間いっぱいペロペロさせてもらいました。

 

トリンドル玲奈似のリフレ嬢のおっぱいは1万円でした

そして2人目。

「おすすめで…!」とお願いした女の子です。

チャイムが鳴って現れたのは、トリンドル玲奈に雰囲気の似た美少女(ハーフ要素はありませんが)。

10人いたら10人が可愛いという女の子でしょう。※りりかさんです。

リフレ経験がそこまで多いわけではない矢口ですが、今まで出会ったリフレ嬢の中で1,2を争う可愛さです。

オプション表を持っているというので一応見せてもらうと、Wordを使って作ったであろうA4用紙を手渡されました。

ハグや逆リフレや添い寝などのオプションが並びますが、やはりオプションメニューから選ぶお客さんはごく稀の様子。

裏オプについて聞いてみると、

本番:非対応

フェラ:非対応

手コキ:1~1.5万円

だそうでした。

(今まで裏オプで「本番OK」という女の子にあたった経験がないのですが、対応している女の子の数が少ないのでしょうか?あるいは人気嬢を中心に入っているため、本番をしなくても稼げるので対応していないケースが多いとか?)

1人目と同じく「おっぱいペロペロ」について聞いてみると、1万円でOKということになりました(ただ1万円でもやや不満そうでしたがw)。

時間いっぱいBカップほどのおっぱいをペロペロさせてもらいました。

サービスや接客は塩対応気味でしたが、これくらい可愛い女の子だと全然許せますね(笑)。

今回「あられ」で遊んでみて改めて気付いたのは、リフレは回転で複数の女の子に入るとそれだけオプション代がかさむということです…(笑)!

財布に余裕をもって挑みましょう(笑)。

MEMO

【店舗名】あられ

【支払った料金】7,000円(+オプション代16,000円)

 

池袋リフレ「JKMAX」へ突撃【派遣型】

執筆中です…少々お待ちください。

 

最後に

以上、今回は池袋のリフレで遊んできた体験談をご紹介しました。

池袋は矢口のホームグラウンドなのでいつも行くとホッとしますね(笑)。

池袋のリフレ、興味のある方はぜひ遊びに行ってみてください。

このページが気に入った方は、ブックマーク・コメント・SNS共有のいずれかをして頂けると嬉しいです

4 Comments

あられマニア

あられに一時期はまってました
本番1で出来る子とか見つけたらコスパいいとおもいますよ
人気上位は難しいので新人の子や掲示板であまり名前のあがらない子がおすすめです

返信する
矢口

あられマニアさんコメントありがとうございます
本番1どころか今のところ本番OKの女の子にすら当たってません(´;ω;`)
やっぱり初回はNGな子が多いのでしょうか
1回くらいリフレで本番してみたいので頑張ってみます…笑

返信する

コメントを残す